メインビジュアル

BLOG

2022.01.28 施工事例 :施工事例

子どもが健やかに育つ家

 

家にはいって、まず目に飛び込んでくるのは雲梯(うんてい)と、ぶら下げられた二本のロープ。

 

一つは、はしご状で登れるようにしてあります。雲梯は一緒にサイズを測った上で、施主様が取り付けられたもの。

 

 

田園風景に包まれた住まいには、ご夫妻と三姉妹が暮らしています。

ロープをブランコ代わりにしているお子さんの隣には、小上がりの和室でごっこ遊びを楽しんでいる姿。

LDKと繋がっている吹き抜けには、三人が並んで座れるワークコーナー。

 

吹き抜けに設けたワークコーナーは、見下ろすと1階のLDK。家族の気配を感じて安心です。

 

玄関土間には、天井まである黒板。

 

子どもたちの創造力を伸ばす「楽しい仕掛け」がたくさん詰まったお住まいです。

 

家づくりのコンセプトは、「家族がのびのびと気持ちよく暮らせる家」。

 

「のびのび」と過ごせるような、快適な室内環境をデザインするには?

その答えを探るため、パッシブデザイン手法とシミュミレーションを重ね、

「光と風」が室内全体に循環するように設計しました。

 

 

特にLDKは、計算された日射熱(太陽光)が空間全体を暖め

家族が集う「陽だまりの場所」になっています。

 

国が認めている省エネ基準「BELS」最高ランクの住まいは、

省エネ性能が高く、夏冬の室内温度が安定しています。

光熱費を抑え、省エネに貢献した、心地よく快適でありながら「小さなエネルギーの家」。

 

 

家で一台だけのエアコンは、床の下に配置する「床下エアコン」を採用しました。

そのおかげで、夏は、冷気によって冷やされた杉板のフローリングがひんやりと気持ちよく、

冬は足元がじんわりと暖まる、身体にやさしい室内環境が実現しています。

 

 

キッチンから全体を見渡すことができるLDK。ママの姿がある安心感から

子供たちは安心して走り回ったり、お絵描きをして、家を思いっきり楽しんでいます。

 

「のびのびと過ごせる」を叶えた住まいは、今日も子どもたちの元気な声が響いています。

 

▶「子どもが健やかに育つ家」施工事例はから こちらから

一覧へ