メインビジュアル

BLOG

2022.02.28 施工事例 :施工事例

東広島 暮らしを楽しむための家

薪ストーブがある土間。大開口窓から日が入り、日中は照明をつけなくても十分明るい。

家づくりのきっかけと、ラーバンを選んだ理由

きっかけは結婚でした。

家づくりの参考に住宅展示場を回りましたが、どれも同じような家に感じて。
ラーバンのことはホームページで知りました。

事務所は蔵を改修し、屋根には芝が植えられ、薪ストーブもありました。

そんな会社なら面白い提案をしてくれるんじゃないかと思い、お願いすることにしました。

 

まずは土地探しから

 

「家で工具が使える空間と場所、街よりも郊外。」そんなライフスタイルにフィットした場所を検討し、東広島に絞りました。

土地探しの期間は、2、3ヶ月間ほど。不動産屋を通さず、自分たち足で今の敷地を見つけました。

交通は不便で中古物件もあり、雑然としていましたが、景色がとても気に入ったんです。

きちんと整備すれば、いい住まいになると確信しました。

調整区域や崖条例など規制もありましたが、ラーバンさんの協力もあり、この場所に建てることができました。

 

土地探しをしている人へ

 

気になる土地があれば実際に足を運び、その場に立った時に感じる空気感が大事だと思います。

費用など妥協しないといけないところが出てくるので、夫婦間で優先順位・共通の思いなどを決めておくことが大事です。

あとは、タイミングやご縁、直感です!

 

インテリアのこだわりについて

 

洗面、スイッチプレート、レンジフードはこだわって選びました。

レンジフードは、海外製で取り付けが大変だったと思います。

インテリアのクロスもサンプルを取り寄せてもらい、雨の日晴れの日、日の光などの状態によって、「どんなふうに見えるか」を何回も確認させてもらいました。

ラーバンさんは、こちらの希望が叶うように動いてくれました。

 

暖房について

 

【冬のエアコン、薪ストーブの使用時期】

エアコンは11 月頃から使い始めます。エアコンはLDK に1 台のみで、各部屋のドアを開けておけば、全体が暖かくなります。

エアコンだけだと寒い時に薪ストーブを焚きます。

薪ストーブをつけると翌朝まで暖かく、真夏と同じ寝間着で寝られるくらい暑い時もあります。(外気温マイナス4、5 度の時も)

外が寒い日も、(家の性能が高いので)暖房をつけなくても暖かいことも。

【薪ストーブについて】

薪ストーブの提案はラーバンさんから。事務所で実際に見て、いいなと思っていました。

太陽光の設置と悩みましたが、ライフスタイルを楽しみたい思いから、薪ストーブを選びました。

焼き芋に挑戦したり、お湯を沸かしたりして使うこともあります。

薪ストーブの前に腰かけて、火を見ながらコーヒーを飲むのがお気に入りです。

 

ご夫婦でDIYを楽しむ インテリアのこだわりについて

 

駐車場でDIY 作業をしています。

土地も広く、周りに民家がないから音も気にせず作業できています。

トイレ、テレビ台、スリッパ置き、土間の棚などを作りました。

夫婦でインテリアの好みが一緒なので、雑誌、ネットを参考にして作ります。あとは感覚次第で自由に!

家の雰囲気やサイズ感に合わせて作れるのが、DIY ならではですね。

 

家づくりの打合せ

 

土間が欲しい以外は、ほぼお任せでプランを提案してもらいました。

最初は、作業部屋や土間をもっと広く考えていましたが、打ち合わせを重ねていき、現実的な方向に調整していきました。

間取りの提案のたびに、敷地に来てスケールを持って広さを確認しました。

こちらのこだわりが強かったと思いますが、全て叶えてもらえました。

家づくりの打ち合わせは楽しかったです!

 

 

■■ ラーバンへのお問合せや資料請求は、下記のお問合せフォームよりお気軽に

一覧へ