メインビジュアル

BLOG

2021.06.10 スタッフブログ :古民家

古民家のあかりとり

古民家は軒が長くどうしても暗い空間になりがちです。

そこで明るさを確保する目的のために、

長い下屋の一部の瓦をポリカーボネート板に

取替える工事をしました。

もともとは納屋だったので窓も少なく暗く閉鎖的な雰囲気でした。

 

 

 

写真でみると、南面のガラス面積自体は大きく変わらないですが、

南側下屋にあかりとりの設置と東面の小窓1ヶ所を

トッピングすることでここまで明るさ感が変わってきます。

 

次に工事中の写真です。まずは既存の野地板の撤去です。

 

 

垂木の上にパッキンを敷き

ポリカーボネート板厚み8mmを設置して、

アルミの平板で固定していきました。

 

 

 

取合い部は板金処理をして瓦を復旧し完成です。

 

 

古い建物ですし既存の屋根自体がまっすぐではないため

現状に合わせた形で施工していかなくてはならず、

また限られた予算の中でできる限りのことということで、

細かなことは任せていただけましたので、

苦慮いたしましたが、なんとか形にできたと思います。

 

 

 

6/10の南中時です。

軒も長いので日差しもしっかりカットされています。

晴れた日の室内は照明をつけなくてもすごく明るくなり、

青空がしっかり見えるようになったせいか

すごく気持ちのよい快適な空間に仕上りました。

一覧へ