メインビジュアル

BLOG

2021.03.12 スタッフブログ :古民家

古民家移築その後10年

パッシブデザイン住宅・パッシブリノベ・古民家再生の

自社設計・自社施工一貫体制の株式会社ラーバンの高谷です。

 

約10年前に工事させていただいた物件へ伺わさせて

いただきました。

被爆前に建てられた大変おもむきのある佇まいの建物です。

当時、可能な限りそのまま残し移築したいとのお客さんの

熱い想いと要望により、木材や屋根瓦、建具など、

既存のものをひとつひとつとりはずし補強や補修を行って

再利用しながら組み直して建築しました。

時間はかかりましたが、

私たちも最大限想いにこたえようと工事をしました。

 

 

あれから10年、月日が経過し新設した部分の色の変化なども

歴史ある古材の部分とよい感じで調和しており

土壁の上に塗った左官の塗り壁も非常にきれいでした。

外観も室内もしっかりとしたおもむきを残しておりました。

自分たちで柱を塗装したりと、メンテナンスも出来ることは

されているとお聞きし建物を大切にしていただいているようで

うれしかったです。

 

 

お客さんと当時の世間話もさせていただき、

大変だった思い出の記憶が多かったのですがそれでも懐かしく、

工事中のこともしっかり覚えていただいており

今でも変わらず喜んでいただいているということに

心を打たれました。

一覧へ