メインビジュアル

BLOG

2021.02.12 スタッフブログ :古民家

本質改善型古民家リノベ

パッシブデザイン住宅・パッシブリノベ・古民家再生の

自社設計・自社施工一貫体制の株式会社ラーバンの高谷です。

 

先日、昨年暮れに受賞いたしました

「リノベーションオブザイヤー 最優秀賞」について

リノベーション協議会広島部会にて発表させていただく

機会がありました。

 

 

古民家リノベにおけるパッシブデザインを基本とした

6つのポイントを、

どのように計画をたてどのように工事したかをふまえ

発表させていただきました。

 

ポイント1 古民家の中に「断熱パッシブエリア」を決める

ポイント2 断熱改修を行うことで冬10度の差

設計段階で室内温度をシミュレーションする

ポイント3 太陽の日射取得による室内温度の向上

ポイント4 自然素材の蓄熱性を活かす:

土壁・珪藻土・古材・タイルの活用

ポイント5 様々な小窓を通して、通風の利用

ポイント6 暖房計画:床下エアコン1台でエリア全体を温める

 

新築とは違い古民家のパッシブリノベの課題解決の難しい部分も

この物件を通して発見でき今後の課題も多くありましたが、

本質改善型のリノベとして断熱性能向上とパッシブデザインの

重要性を改めて感じました。

またこの発表を通してそれらをみなさまに少しでもお伝えできて

いればうれしいなと思います。

一覧へ