メインビジュアル

WORKS

ふるさとの木を使った、子育て世代の和モダンの家

新築

DETAIL

設計・施工 (株)ラーバン
構造・工法 木造軸組工法
竣工 2021年2月
敷地面積 82.96㎡(25.09坪)
延床面積 98.53㎡(30.0坪)
お家の特徴
  • 長期優良住宅
  • 耐震等級3
  • 省エネ等級4
  • 自然素材(珪藻土クロス、ひのきフローリング」

CONCEPT

プランニングの際に、お住まいで大事にしたいことを二つ教えていただきました。
一つは、「五感を育むことを大切に」。その考えのもと、適材適所に自然素材を選びました。
第二の心臓ともいわれる足の裏の感覚を育てるために、LDKのフローリングは足触りのよい桧(ひのき)、壁紙は珪藻土クロス、窓には障子 
ー自然素材を組み合わせることで、和モダンの住まいとなりました。
小さなお子様がお二人おられるので、障子はレーヨンを配合した強度のあるものを選択しています。

二つ目は、「災害に強く、安全な家」。長期優良住宅とともに、耐震等級は、防災・支援活動の拠点となる建物と同等である「3」を取得。
平屋も検討されましたが、いざというときの避難のために、二階を設けるプランとなりました。

また、奥様のふるさと東城の木を使って「記憶を継承していく」ことを希望されました。こちらのお住まいでは、大黒柱や階段の踏板、キッチンカウンターに使用しています。
地元の木を使うということは、どの木を選ぶか選定し、伐採し、半年間ほど乾燥。そしてどの部位を使うかを考えるー
製材された木材と比べて手間も時間もかかりますが、ラーバンは、施主様の「思い」に寄り添って、できる限り対応していきたいと考えています。

ふるさとの木が自然素材の安心できる住まいで使われ、「記憶」が継承されていく、そんなご家族の「素敵な思い」が詰まったお住まいとなりました。



一覧へ