メインビジュアル

BLOG

2020.12.10 スタッフブログ :古民家

快適で省エネな暖房方式

パッシブデザイン住宅・パッシブリノベ・古民家再生の

自社設計・自社施工一貫体制の株式会社ラーバン 高谷 です。

 

床下に温風を送り込み床下空間をあたためる床下エアコン暖房。

足元から室内を暖めていくので上下温度差のムラも少なくなり

快適な室内空間となります。

エアコンの設置箇所の事例としてはカウンターバージョンや

掘り込みガラリバージョン等施工してきました。

 

今回は収納の内部に床下エアコンを設置した事例のご紹介です。

シンプルでおおがかりにならないようなご提案となっています。

エアコンスペース上部を収納として有効に使えるように

棚を兼ねた囲いを製作しました。こうすることで無駄なスペースを

つくらず収納としても最大限活用できるようになっています。

 

正面の板を両サイドの溝にはめ込みます。

次にその板と奥の段差の上に棚が置けれるようにしています。

なるべく軽くするためにフラッシュ構造の棚にし、

簡易的に納まるように工夫することで

取り外してエアコンのメンテナンスも可能です。

床下エアコン暖房は一般的な床暖房に比べエネルギー消費量の

少ない快適で省エネな暖房方式のひとつです。

ぜひご検討の候補の一つに加えられてはいかがでしょうか。

一覧へ