2020年度までのZEH普及目標の設定について

環境と家庭に優し住まいを!

地球温暖化の原因となるCO2削減にむけて、住宅からの排出を最小限に押さることを目的に国が普及、促進しているのが、いわゆる「ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)化支援における低炭素化促進事業(経済産業省・国土交通省連携事業)です。
太陽光発電などによる創エネルギーと、断熱効果の高い外壁や省エネ性能の高い冷暖房・照明器具などを家庭で使うことにより、創り出す電力量の方が多い、もしくは、その差がゼロになる住宅の普及を目指す取り組みです。
これに伴い条件を満たしたZEHの住宅には補助金が交付されています。

2020年度までのZEH普及目標の設定について

政府は一般家庭の住宅において、2020年までに新築する住宅の過半数をZEH住宅にとする目標が設定されました。
私どもラーバンは、2030年までの普及目標を掲げ、ZEHの普及に取り組んでゆきます。

zeh

ゼロ・エネルギー( ZEH )住宅のメリット

メリット1

家計に優しい

家庭の消費エネルギー収支がゼロだから、家庭の光熱費ももちろんゼロ!
自然光・自然の通風を考慮したラーバンのパッシブ+ZEHの住宅なら、さらに+αの光熱費の削減が期待できます。

メリット2

健康改善効果

室温度差の少ない快適な住宅に住まうことで、ヒートショックなどの事故防止や風邪ひき、アトピー、ぜんそくや手足の冷えなど健康改善につながることがわかっています。

メリット3

補助金を利用できる。

ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業の補助金制度を利用できます。2018年度の今年はZEHをさらに普及させる為に、環境省も加わり3省(環境省・経済産業省・国土交通省)で連携することが決まり新しい補助金など加わる予定です。

メリット4

将来の資産価値

10年後20年後の将来に必要な住まいの条件を満たした住宅です。国は現在、築後20年で無価値になる戸建て住宅の査定方法の改定を進めており、買い替え・売却時に築年数でなく、「質の高さ」が取引価格に反映されるよう評価の基準を見直す意向です。