ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

薪ストーブ

みなさんこんにちは。

最近は気温がぐっと上がり、過ごしやすい日が続いていますがみなさんはいかがお過ごしですか?

日中はエアコンを使用せずに過ごされるようになったのではないでしょうか。

ラーバンの事務所でも最近はようやく薪ストーブを使用しなくても過ごせるようになってきました。

今回はそんな今年の冬も大活躍だった薪ストーブについて少し書いてみようと思います。

 

薪ストーブはその名の通り薪を燃料とするストーブのことで、電気やガスが不要な暖房器具です。

薪さえ無料で調達できてしまえば暖房代がかからないので、それが可能な方にとってはとても家計に優しい暖房器具と言えます。

薪はホームセンターやネットでも購入できるのですが、値段が高いためあまりおすすめではありません。

知り合いの山を持っている方や近くの森林組合などからもらうことができれば一番いいですね。

薪

 

薪ストーブは暖炉とは違ってストーブ内の空気量を調整できるようになっているため、過燃焼を抑えることができ、薪を長時間持続させられるのが特徴です。

さらに薪が燃焼した際に発生した未燃焼ガスを再燃焼させる、「二次燃焼」を行うことで燃焼効率を良くしてくれるため、薪の消費を抑えることが可能となっています。

DSC_8348

 

一般的なエアコンなどの暖房器具は体の表面を暖めることによって暖かさを感じるのですが、薪ストーブは遠赤外線を発生することによって体の芯まで暖めることができるため、冷めにくいようになっています。

実際に事務所で薪ストーブを焚いているときも、本当に体が芯から暖まっているように感じます。

さらに薪ストーブは一台あれば家全体を暖めてくれるので、どこにいても寒さを感じることがない素晴らしい暖房器具だと思います。

初期コストこそエアコンよりもかかってしまいますが、薪割りを楽しめて火を眺めていたい方にはおすすめの暖房器具ですね。

DSC_0040

この記事の投稿者: wasaki

家づくり講座

先日、レインボー倉庫広島で「家づくり講座 第2回目」を開きました。

講座のようす

講座のようす

 

ラーバンでは家づくりをお考えの方に向けて毎月講座を開催しています。

家づくりはほとんどの方が一生に一度の経験だと思います。

だからこそ失敗しないように家づくりについての「勉強」が必要ですよね。

 

本講座では「資金計画」や「ローンの組み方」など家を建てるにあたって重要なこと、

そして今注目されている、自然エネルギーを活用し、室内空間を快適にする「パッシブ手法」、

太陽光を活用し、省エネな暮らしを実現する「ゼロエネルギー住宅(ZEH)」などについて

分かりやすくお話しています。

 

他にも会場内には自社設計施工の事例パネルを展示しているので、

ラーバンがどんな家づくりをしているのかもご覧いただけますよ。

 

毎回好評で、ここから家づくりを一緒に進めていくお客様もたくさんいらっしゃいます。

家づくりについて勉強しておきたい方、何からすればいいのかわからない方、、、どんな方でも大歓迎です。

ぜひ一度お話を聞きに来てみてください^^

 

次回は3/4(日)。この日は再び西区エリア「レインボー倉庫」で第3回目の開催です。

お店もおしゃれな雑貨や美味しいコーヒーのカフェもあり楽しい空間ですよ。

 

3.4レインボートップ3-01

そして3/11(日)は人気のパン屋さん「あすなろベイキングカンパニー」での講座です。

おいしいパンをご用意してお待ちしております。

 

3.11あすなろトップ-01

お近くの会場までぜひぜひ!

 

3月イベントスケジュール

 

 

 

この記事の投稿者: fujimoto

その後のひとこまからその4

お願いもあって久しぶりにOB宅へご訪問させていただきました。

その中でありがたいお言葉をいただきました。

 

K様のご感想

子供さんのお友達も遊びにきた時に楽しいお家なのでびっくりされます。

バルコニーから花火が見れるんです。

雪が降る日の中庭が最高に雰囲気がよかったです。

オープンキッチンのカウンターが広すぎるかと思ったが以外に使い勝手がよく

広くしてよかったです。

キッチン収納もしっかり打ち合わせしてできたのですごく便利です。

なによりも快適に過ごさせていただいています。

IMG_3418

当時トコ柱に書かれたお客さんから大工さんへのメッセージ

 

M様のご感想

引き込み戸の納まり等現場では大変だったと思いますが、すごくいいです。

床の間の素材も一緒に見て決めたり、おまかせした材料の部分も気に入っています。

杉のフローリングが足裏に冷たくないのでスリッパを履かなくてもよく、気持ちいいです。

以前の住居と比べ窓に結露がおこらないのでよかったです。

軒がしっかりでていて夏場は涼しく過ごせています。

小窓を配置することでその窓を開けると風が抜けるため気持ちよいです。

DSC_0084

工事中当時のご夫婦の記念の手形

 

設計や工事中のことなど印象的なことをしっかりと覚えていてくださっていることに

本当にびっくりしました。

 

ご家族にとってはごく当たり前の日常のことかもしれませんが、

自分にとってはそのご家族の素敵な日常の生活の一部が垣間見え、

そしてそれがほんの小さなことだったとしても幸せであれば、

家づくりのお仕事をとおしてですが自分も本当にうれしいです。

家の性能や機能も大事ですが、

何かもっと他の大事なものを教えていただいたような気がします。

これからも引き続きラーバンとのお付き合い宜しくお願いします。

この記事の投稿者: takaya

2017年最後の打合せ

こんにちは、赤井です。

毎日寒い日々が続きますね。

弊社には薪ストーブがあるため、視覚からも暖をとっています。

薪のパチパチと燃える風景は飽きることなく眺めてられます。

 

本日は今年最後のお客様相談でした。

初めてお会いするお客様で、奥様が代表下田が以出演したビフォアフターの番組を見られており、

建替えの相談する際にはラーバンに!ということでご連絡を頂きました。

年末のお忙しい中にもかかわらず、ありがとうございます!

3姉妹の子供たちはとても良い子におうち箱を作っていました。

空閑様打合せ_171229_0014

上手にできましたよ~♪

「お父さん、お母さん、見て~!」ととっても嬉しそう♪

 

空閑様打合せ_171229_0022

匠下田も「素敵なおうちができたね!いい子に待っていたね」と笑顔がこぼれてました(^^)

また年明けにお会いできることを楽しみにしています。

 

皆様よいお年をお迎えください。

ラーバンスタッフ一同

この記事の投稿者: akai

パッシブサークルin広島

こんにちは。

広島でもちらほらと雪が降る日があったりするなどいよいよ冬本番になってきましたね。

これから益々寒くなってきますが、みなさん風邪には十分お気を付けください。

 

先日、全部で4回行われる「パッシブサークルin広島」の最終回が開催され、これまで同様スタッフ全員で参加してきました。

今回のパッシブサークルではこれまでのパッシブサークルで学んできたことを、難しい敷地条件の設計課題に活かして設計を行い、全員の前でプレゼンを行いました。

個々それぞれが設計に取り組み、プランの他にも外皮計算や日照シミュレーション、室温シミュレーションや光熱費シミュレーションまで行いました。

普段はプランニングやプレゼンをすることがない僕や他のスタッフも今回ばかりは気合を入れて設計とプレゼンを行いました。

1512693355952 1512693356327

 

プレゼン後は、パッシブデザインで有名な「アトリエ・コ・ラボ」の部長の方から感想やアドバイスを頂き、それぞれが今後に活かしていけるようにしっかりと吸収しました。

全4回のパッシブサークルを終えたことで、スタッフ全員がパッシブデザインの設計手法や魅力についてしっかりと理解することができました。

今後も毎週行っている社内での勉強会なども継続していき、パッシブデザインを活かした家づくりを行っていければと思います。

 

また、定期的にパッシブデザインについてのセミナーなども行っていますのでご興味がある方はぜひご参加くださいね。

 

 

 

この記事の投稿者: wasaki

カラーコーディネート

こんばんは。藤本です。

先日、カラーコーディネート研修に行ってきました。

とても為になった、目からうろこのお話が聞けたのでちょっとだけご紹介。

 

皆さんこんな経験はありませんか?

「我が家は木の家具で統一!でも、茶系で揃えているはずなのになぜかチグハグ。。。」

「暖色系の洋服で気分を上げていこう!でも、友達になんか顔色悪いね?と言われてしまった。。。」

 

これには共通の理由があったんです!

 

自然界の配色は2つの系統から成り立っているのだとか。

一つは青が強い「ブルードミナント」、

もう一つは黄色が強い「イエロードミナント」。

同じドミナントカラー同士は調和し、そうでなければ不調和が生じるそうです。

 

例えば、下のかぼちゃの写真、どちらが美味しそうに見えますか?

名称未設定-1-04

名称未設定-1-03

私は左の方がほくほくしていそうで美味しそうに見えます。(よくわからなかったらごめんなさい…(笑))

ポイントは皮の色です。

かぼちゃの皮部分に少し「緑色」で加工をしてみました。

左右それぞれ、次のような「緑色」を足しています。

かぼちゃ-06かぼちゃ-05

 

 

 

 

 

 

 

 

これがいわゆる、ドミナントカラー。

緑は緑でも左は黄色の強い「イエロードミナント」、右は青の強い「ブルードミナント」。

実際のかぼちゃは、オレンジ部分は「イエロードミナント」、

皮部分も「イエロードミナント」らしいです。

ですので、同じドミナントカラーで組み合わせた左のかぼちゃの方が、普段見慣ていて、

さらに調和されているから美味しそうに見えるのでしょう。

 

ということは。。。

上の2つの緑色が同じ空間にあれば、、

例えばソファのクッションに両方の色を使ってしまえば不調和が起き、違和感のある空間になるかもしれません。

下のように、同じドミナントカラー(イエロードミナント)で統一した方がしっくりくると思いませんか??

緑2-01緑-01

ちなみにこちらは、ブルードミナントの黄色とピンク。全く違う色だけど調和しそうな気がしますね^^

ブルードミナント-01 ブルードミナント-02

 

こんな感じで、色選びは同じドミナントカラーで統一するとまとまりある空間になる!ということを学びました。

このドミナントカラーは人にも言えるらしく、イエロードミナント系の服が似合う人、

ブルードミナント系の服が似合う人に分けられるそうですよ。

ちなみに私はイエロードミナント系の人でした(笑)

自分に似合った色の洋服を着れば、顔色もよく見えるようで、

早速、お客様との打合せなどは意識した服選びをしようと思いました!

 

ポイントさえ押さえればカラーコーディネートも楽しく、自信をもってお客様にご提案できそうです。

これからカーテンや家具など買われる方、床の色や今ある机の色など意識して。。。色選びの参考にしてください~。

 

ではでは^^

この記事の投稿者: fujimoto

その後のひとこまからその3

このたびはお引渡後のお付き合いについてご紹介します。

4年半前にお引き渡しのY様邸。

建具が一部破損したとのことで修理の依頼をいただき現地へ確認に行きました。

合わせてクロスの補修などの修理相談も受けました。

日常生活の中で不具合が起こってしまう事は必ずあると思いますが、

生活の中での工夫も垣間見えてきます。

どのお宅にお邪魔させていただいても本当に家を大切にされている印象を受けます。

またお子さんの成長も見れて大変うれしく思いました。

IMG_2317

IMG_2321

こちらは1年半前にお引渡のH様邸

写真撮影で伺わさせていただきました。

2階に吹き抜けを介したワークコーナーを設けているのですが、

そのコーナー用に竹で製作されたスツールが置かれていました。

奥さんがデザイン的に気に入られて購入された様です。

ナラのフローリングとの相性もバッチリでデザインや風合いも素敵でした。

毎度お邪魔させていただく度に変化があってこちらもうれしく思いました。

IMG_2265

設計、施工管理と担当させていただいた当時のことも思い出します。

生活の中で困った事がありましたら小さな事でも結構です。

いつでもご相談ください。

この記事の投稿者: takaya

おうちバコ ワークショップ in アルパーク

IMG_7208

 

11月11日、12日と西区にあるアルパーク(水の広場)で、おうちバコ ワークショップを開催しました。

 

IMG_7421

おうちバコは、自分で好きな絵を書いたり、飾り付けをしたりと、世界でひとつだけの箱が作れるので、お子さん達に大好評でした。

お子さんも大人!?も夢中になってワークショップ楽しんで頂いてました。

みんなそれぞれの個性があって、色んなおうちバコを見るのも楽しみの一つです。

 

IMG_7413

午後になると満員となり、整理券を配るほど、大好評でした

みなさん、ワイワイとにぎやかに作業されて楽しそうです。

 

IMG_7352

ブース内では、ラーバンの家づくりの施工事例などのパネルも同時に展示企画を行いました。

次回もアルパークでおうちバコ ワークショップを開催予定です。

ぜひ、みなさんもアルパークに寄った際は、お気軽に寄ってみてください。

一緒におうちバコを作りましょう!

この記事の投稿者: shinsuke

職人へ転職!?

こんにちは! 体中が筋肉痛の赤井です。

筋肉痛の理由は、職人へと転職したためです!

 

 

昨日一日だけ(笑)

デッキの最終仕上げにスタッフ総出で作業しに行ってきました。

現場はわが社のアイドル藤本家です。

12帖位の広いデッキが傷んでいたため、夏ころから作業は進んでいたのですが、

最後の仕上げをみんなでやろう!ということで朝から作業着で出勤です。

塗装作業、カウンター取付や補強工事、仕上げのコーキング作業と

現場担当の和崎君の指示のもと、みんなテキパキ✨作業開始!

私は初のコーキング作業。

藤本邸デッキ作業_171027_0016

細かい作業でできるか不安でしたが、やり始めたら楽しい~♪

でも技術はまだまだですよ(^-^;

藤本さんは、メインのカウンター工事に挑戦!

藤本邸デッキ作業_171027_0034

合板をカットし、サンダーかけて、塗装して。

S__32677912

おばあちゃんが孫の頑張りを温かく見守っています!

これからどのように使うかイメージしながら

形や取付位置を決め、作業を進めていました。

S__32677903

和崎君は樋を取付

なんでもこなしちゃいますね♪

藤本邸デッキ作業_171027_0050

晋佑さんのコーキング姿も板についています!

 

藤本邸デッキ作業_171027_0032

完成後のこの満足な素敵な素敵な笑顔(*´艸`)

建築大好き集団のラーバンは作業も協力しながら楽しめる仲間たちです!

 

この記事の投稿者: akai

島根県飯石郡古民家再生

こんにちは。

先週辺りから気温が下がり、肌寒い日が続いておりますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?

僕は涼しくて比較的過ごしやすいこの時期は好きではあるのですが、残念ながら毎年風邪気味になってしまうので苦手な時期ではあります、、、

みなさんは風邪を引かないようにお気をつけてください。

 

さて、今回は以前ブログでもご紹介した築90年の島根県飯石郡の古民家についてご紹介しようと思います。

これまで中々ブログでご紹介することが出来ませんでしたが、4月に現地調査を行って以降打ち合わせを重ねて、7月から工事を開始していました。

現在は木工事も終わりに近づいている状況で、今月中には内装工事に入る予定となっています。

ここからは主に解体後の写真とともに現場の状況をご紹介します。

 

こちらは元々和室でしたが畳と下地を撤去した状況です。

築90年も経過していたため、床は抜け落ちていて使い物にならない状態でした。

きちんと下地から組みなおしていきます。

IMG_1484 1503028457814

 

こちらは元々土間だった空間です。

以前は天井があったため梁が見えていませんでしたが、天井を撤去すると古民家らしい立派な梁が現れました。

この空間は新しくダイニングキッチンになりますので、この立派な梁を活かした空間にしていきます。

IMG_1465 IMG_1463

 

こちらは土壁を支えている土台です。

ご覧の通り、シロアリの被害をかなり受けていて朽ちています。

当然新しい木材に取り替えました。

築90年経っているので、どうしてもこういう部分が何箇所かは出てきますね。

IMG_1477 IMG_1514

 

今回は解体後の状況を主にご紹介しましたが、次回のブログの時には工事が完了している予定なので、完成後の写真とともにご紹介できればと思います。

この記事の投稿者: wasaki

Home

Return to page top