ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

7月ですね~

IMG_8807

7月ですね。夏ですね~。

我が家では寝るときクーラーつけています。皆さんのお家はどうですか?

扇風機で我慢しようかとも思うけれど、やっぱりクーラーのリモコンに手が伸びてしまいます。(笑)

 

そういえばもうそろそろ梅雨明けの時期でしょうか。ということは夏休み始まりますね。

今でもラジオ体操あるんでしょうか?みんな行ってるのかな?

懐かしいですね。毎朝早く起きて、「○○ちゃん行こー!!」なんて朝っぱらから大声で叫んでいたのを思い出します(笑)

ラジオ体操最後の日にはお菓子が配られていてそれが嬉しくて頑張っていたものです。

illust2829_thumb

このブログ書いていてふと思ったのでラジオ体操してみました。以外とできるものですね。

最初から最後まで(たぶん)完璧に踊れました。もちろんラジオ体操第1、第2とも。笑

きっと皆さん「ラジオ体操第いち〜。腕を前から上に上げて大きく背伸びの運動〜!…ハイッ!」なんて聞こえたら勝手に体が動くはず。。

 

ラジオ体操は脳の活性化、冷え性改善、ダイエットに有効などなどうれしい効果があるようですよ。

しかもテニスや早足のウォーキングの運動量に匹敵みたいです。

皆さん ぜひぜひぜひ やってみてください。

 

ではまずは「ラジオ体操第一」をどうぞ。

クリックするからには最後まで踊りましょう〜。笑

 

皆さん最後まで出来ましたか?

物足りない方はラジオ体操第二もぜひ。(^^)

ラジオ体操でこの暑い夏も乗り切りましょーう!!?

この記事の投稿者: fujimoto

郷の駅プロジェクトその8

郷の駅竣工検査と取扱説明立会に行ってきました。

内装仕上げも完了し、照明器具や陳列棚、各什器等も設置され無事完成しました。

IMG_1187

各関係業者さんもみなさん集まり検査を行い最後の仕上げにむかっていきます。

多くの方々が関わり協力し合うことによって工程もずれることなく無事完成に至りました。

施主の郷の駅さんからもご苦労さまでしたとお言葉をいただきました。

IMG_1170IMG_1220

エントランスを入って正面のレジカウンターです。

吹き抜けを設けたことによって想定どうり開放的な空間になっています。

IMG_1175

白色を基調とした店内には柱や梁組など自然の木材が表され、

こちらも想定どうり単調な店内空間のアクセントとなっています。

IMG_1181

吹き抜けの高窓から明かりが降り注いでいました。

天気もよかったせいか店内は照明をつけていなくても明るく気持ちのよい空間でした。

右手の厨房でつくった軽食をいただくこともできます。

IMG_1200

憩いの交流スペースから直売所の方をみた写真です。

地元の新鮮な野菜や果物など、色とりどりの旬の食材が並び販売されます。

IMG_1201

自然や風景を楽しんだり、地元の方々との交流もできたり、

イベント等も定期的に広場で開催される予定だそうですので

ぜひみなさん一度立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。

この建築「川西郷の駅 いつわの里」が地域の拠点となり、

このエリアが盛り上がっていっていただくことを私も応援して行きたいと思います。

この記事の投稿者: takaya

三良坂 T様邸新築工事 上棟

先日、三良坂 T様邸新築工事にて上棟が行われました。

天気にも恵まれて、無事に着工することできました。

 

IMG_2445

 

応援の大工さんも含め、大勢の職人さん達がかけ声と共にてきぱきと作業を進めてます。

図面をみなくても、どこに何を配置して組み立てていくのか、、、頭の中で立体像を描いている大工さんをみるといつも感心します。

 

IMG_2457

 

終盤に進むと屋根の骨組み作業を行います。

ラーバンの特徴のひとつでもある「遮熱シート」は、夏の日射対策として有効です。

屋根の下地にむけて取付けていきます。

 

IMG_2506

 

夕方、無事に上棟も終わりました。

これから完成に向けて職人さん達と一緒に進めて参ります。

 

この記事の投稿者: shinsuke

初めまして!新入社員の赤井です。

初めまして!

4月に入社しました赤井麻子(あかいあさこ)です。

仕事にもようやく慣れた頃なので、そろそろブログにも参加していきます。

ということで、宜しくお願いしますm(_ _)m

 IMG_1507

簡単に自己紹介させてくださいね。

広島生まれの昭和生まれ。

今年小学校に入学した娘と、保育園デビューした1歳の娘がおり、母親業もしています。

将来の夢としてずっと思い続けた今の建築の仕事は、

出産育児で離れた時期もありますが、かれこれ10年くらいでしょうか。

今までの経験を活かし、世の動きと共に変化しつつある建設業界のため、

新しいことにもどんどん挑戦し、沢山の知識と経験を積んでいきたいな~、と思っています。

 

そんな思いが通じてか!?

先週、香川県の建設会社にてセミナーがあり、遠方ですが参加させてもらいました。

 

会社の仕組み・設計提案・広報のノウハウなど、

そこの建設会社で実際やって良かったことや、“反響がいいよ”というイベントの取り組み方、

反対に“これは成果が出ませんでした”、といった普段では聞けない内部情報も聞けて、

大変貴重な時間でした。

 セミナー

その後、モデルハウスを2棟見学させてもらい、

新たな提案として活かせる情報もたくさん持ち帰らせて頂きました♪

外観 内観 

今工事中のお客様、これからの新しい出会いのお客様、

今までのお客様にも素敵な提案がバンバンできるよう日々精進してまいります(^^)/

 

では、ラーバンでお会いしましょう~!

 

この記事の投稿者: akai

佐伯区S様邸新築工事

こんばんは。

先週広島も梅雨入りが発表されましたが、梅雨入りを感じさせないような天気の良い日が続いていますね。

来週からは天気が崩れ始めるようなので、ようやく梅雨を感じることになりそうですね。

今回は佐伯区で進行中のS様邸新築工事について、現場の写真とともに紹介しようと思います。

 

こちらはLDKです。

通常より約50㎝ほど幅広の掃き出し窓を設けているので、明るく開放的になっています。

DSC_0206 DSC_0221

 

こちらはリビングに隣接して設けた階段です。

今は蹴上の部分が下地材となっているので寂しい印象を受けますが、クロスで仕上がったらいい雰囲気になりそうですね。

右側にあるコンパクトなニッチも良いですね。

 

DSC_0250

 

 

こちらは和室です。

入口に取付予定の製作建具は天井吊タイプなので、建具を開け放った時には天井がすっきりした印象になります。

室内には化粧柱や杉の板張りもあるなど少しこだわった空間になっています。

クロスもこだわったものとなっているので完成が楽しみです。

DSC_0208

 

こちらは子供室です。

現在は1部屋となっていますが、将来的には2部屋に区画できるような間取りとなっています。

お子さんの成長に合わせて間取りを変えていける子供室は、ありがたいですよね。

 

DSC_0235

 

現在工事中のS様邸新築工事ですが、木工事が終わり来週からはクロス工事に入る予定となっております。

今後は見学会も行う予定となっているのでご興味がある方はぜひご参加ください。

 

 

 

 

 

この記事の投稿者: wasaki

紫陽花

こんにちは。もう6月、梅雨入りが発表されましたね。

気がつけば庭の花が春から梅雨の花へバトンタッチしていました。

梅雨の花といえばアジサイを思い浮かべます。

我が家には2種類のアジサイが咲いています。

どちらもご近所さんから頂いたものを挿し木したのですが、いつの間にか時が過ぎ、あっという間に背丈を越えた立派な株に成長しました^^

ということで、アジサイの雑学(?)も交えながらちょっとご紹介。

 

我が家のアジサイ、1つ目はガクアジサイ。

縁の部分にだけ花が咲くので「額アジサイ」。

ガクアジサイ2

実は周りに咲いている花のような部分、これは「萼(ガク)」にあたるそうで、装飾花なんだとか。

ということは、真ん中のブロッコリーみたいな部分が雄しべと雌しべをもつ本当の「花」ということになりますね。

アジサイ自体、こういった構成らしく、私たちが想像するこの(↓)アジサイも花と思っていたところは全て装飾花らしいです。。

0102

う〜ん、紛らわしい。(^_^;)

雄しべ、雌しべがほとんどないから種もできない。確かにアジサイの種とか売っているの見たことないな。

だから挿し木で増やすんですね。

初めて知りました。

 

続いて我が家2つ目のアジサイは、カシワバアジサイ。

葉の形が柏の葉っぱに似ているから「柏葉アジサイ」。

カシワバアジサイ2

これも上記に書いたような、装飾花と呼ばれる部分がメインのアジサイです。

円錐形の花房が特徴ですよね。

首が垂れててちょっと重そう。。笑

カシワバアジサイは、秋には葉が綺麗な深い赤色へ紅葉するのが楽しめたりもします。

花(装飾花)も白からピンク色への変化が綺麗で、薄ピンク、鮮やかなピンク、燻んだピンクと段々と変化していく様子が好きです。

今年は初秋ごろに刈り取ってドライフラワーでも作ってみようかな。

 

 

この記事の投稿者: fujimoto

郷の駅プロジェクトその7

いよいよ7月中旬のオープンにむけて工事も大詰めにさしかかってきました。

先日、各関係工事業者が集まる墨出し検査に立ち会ってきました。

什器の配置を全て床に墨出しして納まりを協議し決定となります。

レジカウンター廻りの詳細寸法やトイレ廻り、陳列ケースのレイアウトなどなど

電気設備や給排水設備ほか多くの工事が複雑に係ってきますので入念に協議されました。

IMG_0798 

IMG_0801

外装工事はサイディングも仕上がりほぼほぼ完了です。

内装工事も現在進捗していて順調にいけば、6月いっぱいで建物の完工予定となっています。

 IMG_0826

 

IMG_0797 

ちなみに浄化槽の基礎工事が進められていたのですが、

ここまで大きなものは初めて見ましたので驚きました。

この記事の投稿者: takaya

竹原市 N様邸改修工事 珊瑚漆喰塗り

竹原市 N様邸改修工事も室内の仕上げ工事が進んでおります。

壁と天井には、左官による漆喰塗り作業を行ってます。

 

IMG_1798

 

漆喰は様々な商品があり、商品ごとに特徴も異なります。

ラーバンがいつも使用する漆喰は、琉球の塗り壁で風化造礁珊瑚漆喰を使用してます。

 

IMG_1800

 

あまり馴染みのない漆喰材と思われますが、

この風化造礁珊瑚は、名前の通り風化した珊瑚礁からできてます。

長い年月で化石化した珊瑚が海底に堆積したものです。

珊瑚礁の特徴でもあるのですが、微細な空孔をもった多孔質があるため、

臭いや湿気などの吸着除去に大きく発揮するのが特徴です。

またキレイな海で育った珊瑚は、マイナスイオン発生効果でも注目されている素材であります。

 

漆喰材とそれをねり固める接着剤にも特徴があります。

通常は樹脂やセメントをねり材として固化させていくのですが、この風化造礁珊瑚漆喰では

無機質のイオン結合による固化を行います。

通常の固化材は漆喰材自身の通気層に入り込み、その通気性は落ちてしまうことがあるそうですが、

この無機質のイオン結合は、イオンの働きにより固化を行うので、

混和剤の量を最小限に抑えながらも強度を得ることができます。

よって気孔の多い素材なので、それを塞ぐことなく固めるため通気性、吸着性の効果を大きく発揮することが可能となります。

 

IMG_1799

漆喰は敏感な素材でもありながらも、その風合いや住みながらの快適な空気感は

やはり魅力的だと思います。

みなさんも、ぜひ風化造礁珊瑚漆喰を体感してみてください。

 

 

 

この記事の投稿者: shinsuke

旧中筋家住宅

こんばんは。

最大で9連休だった今年のゴールデンウィークでしたが、みなさんはいかがお過ごしになりましたか?

僕は5連休を利用して近畿地方へ行ってきました。

そこで今回は近畿旅行の際に訪れた「旧中筋家住宅」を紹介しようと思います。

 

1852年に建築され、現在は国の重要文化財にも指定されている旧中筋家住宅ですが、一般公開され始めたのは7年前なので割と最近の出来事と言えます。

東面が熊野古道に面した約2200㎡と広大な敷地には、主屋の他に3つの蔵や茶室があるなど、大庄屋らしさを感じる敷地構成となっています。

 

DSC_0062 DSC_0160

 

立派な表門を通ると正面に構えている主屋が見えます。

この主屋は一部が3階建てとなっており、3階にある十畳の部屋からは東西に雄大な山々が見えるそうです。

通常は一般公開されていないので残念ながら今回はその景色を見ることはできませんでした。

DSC_0159

 

主屋の縁側から望める池は、左半分が亀・右半分が鶴に見えるような工夫が凝らされています。

言われてみて初めて気づきますね。

DSC_0067 DSC_0068

 

こちらは熊野古道に面した東側です。

軒の荷重を支えるための柱には皮を剝いていない状態の丸太を利用しています。

皮付き丸太越しに見える庭や茶室に趣きを感じます。

DSC_0091 DSC_0094

 

こちらは縁側の床板ですが、上半分と下半分の材質が異なっているのが分かるかと思います。

これは建物の補修工事を行った際にできる限り古材を残そうという考えがあり、最小限の部分だけ新しい材でやりかえたためです。

この箇所以外にもこういった補修方法が多く見受けられたので、非常に大変な補修工事だったことが想像できます。

DSC_0084

 

こちらは二十畳ほどの広さがある大広間です。

天井には大正時代に取り付けられた和風シャンデリアが復元されています。

ちなみに時々この大広間を利用して近所の小学生がお茶会を開くこともあるそうです。

この空間でお茶をするなんて羨ましい話ですね。

DSC_0086

 

こちらは敷地内にある茶室です。

この茶室には躙り口がなく、正面に一旦腰かけてから中へ入るようになっています。

軒裏や外壁には杉の皮が使われており、内部の柱や竿縁は皮付き丸太で統一されているなど、質素ではありますがこだわった空間であることが伝わってきました。

DSC_0141 DSC_0130

 

今回たまたま通りかかった「旧中筋家住宅」ですが、見ることができて非常に良かったと思います。

また機会があれば重要文化財に指定されている他の古民家も見に行きたいと思います。

この記事の投稿者: wasaki

我が家のデッキ

こんばんは!

ゴールデンウィークも終わってしまいましたね…これから夏に向かってグググンと気温も上がっていくのかな!

お休み前半はいい天気で気持ち良い日が続きましたね。

そんなGW初日はというと、私は我が家のデッキの解体工事をしてもらうということで朝からそわそわしていました!職人さん熱い中ありがとうございました!

写真 2017-05-03 11 25 19

家が建った時カーポート代わりにつけたもので、かれこれもう20年以上お世話になっているデッキです(^^;)

小さいときはプールを出して近所のお友達と遊んだり、デッキの柵にしがみついて一輪車の練習をしたり、家族でわいわいBBQしたり、、、思い返すといろんなことが浮かんできます。

毎年この時期に父、母、弟、おじいちゃん、おばあちゃんまで家族総出でペンキ塗りしていたのですが、さすがにもうボロボロで。。

今では床が抜けてしまってるとこもあったのであまり近寄れず、布団干場になっていました(笑)

いよいよホントに危ないぞ!ということで解体してしまおうと考えたのですが、

やっぱり当初からあったデッキで家の外観の一部というか、なくなったら寂しいので何とか残したいよねと家族と話していました。

ここは代表に相談だ!と相談してみると残せる部分は残して新しくやり替えようということに!

で、とりあえずは床を剥がしてみないことには全貌が見えてこないので剥がしてしまって、今に至るということです。(剥いでみると傷んでいるところがよーくわかる 笑)

写真 2017-05-04 8 28 19

工事はまだまだこれからですが、私が乗ってもビクともしないデッキに生まれ変わるのが楽しみです!!(笑)

出来上がったら家族皆で久々にBBQしたいなー。

 

この記事の投稿者: fujimoto

Home

Return to page top