ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > Archives > 2017-12

2017-12

パッシブサークルin広島

こんにちは。

広島でもちらほらと雪が降る日があったりするなどいよいよ冬本番になってきましたね。

これから益々寒くなってきますが、みなさん風邪には十分お気を付けください。

 

先日、全部で4回行われる「パッシブサークルin広島」の最終回が開催され、これまで同様スタッフ全員で参加してきました。

今回のパッシブサークルではこれまでのパッシブサークルで学んできたことを、難しい敷地条件の設計課題に活かして設計を行い、全員の前でプレゼンを行いました。

個々それぞれが設計に取り組み、プランの他にも外皮計算や日照シミュレーション、室温シミュレーションや光熱費シミュレーションまで行いました。

普段はプランニングやプレゼンをすることがない僕や他のスタッフも今回ばかりは気合を入れて設計とプレゼンを行いました。

1512693355952 1512693356327

 

プレゼン後は、パッシブデザインで有名な「アトリエ・コ・ラボ」の部長の方から感想やアドバイスを頂き、それぞれが今後に活かしていけるようにしっかりと吸収しました。

全4回のパッシブサークルを終えたことで、スタッフ全員がパッシブデザインの設計手法や魅力についてしっかりと理解することができました。

今後も毎週行っている社内での勉強会なども継続していき、パッシブデザインを活かした家づくりを行っていければと思います。

 

また、定期的にパッシブデザインについてのセミナーなども行っていますのでご興味がある方はぜひご参加くださいね。

 

 

 

この記事の投稿者: wasaki

カラーコーディネート

こんばんは。藤本です。

先日、カラーコーディネート研修に行ってきました。

とても為になった、目からうろこのお話が聞けたのでちょっとだけご紹介。

 

皆さんこんな経験はありませんか?

「我が家は木の家具で統一!でも、茶系で揃えているはずなのになぜかチグハグ。。。」

「暖色系の洋服で気分を上げていこう!でも、友達になんか顔色悪いね?と言われてしまった。。。」

 

これには共通の理由があったんです!

 

自然界の配色は2つの系統から成り立っているのだとか。

一つは青が強い「ブルードミナント」、

もう一つは黄色が強い「イエロードミナント」。

同じドミナントカラー同士は調和し、そうでなければ不調和が生じるそうです。

 

例えば、下のかぼちゃの写真、どちらが美味しそうに見えますか?

名称未設定-1-04

名称未設定-1-03

私は左の方がほくほくしていそうで美味しそうに見えます。(よくわからなかったらごめんなさい…(笑))

ポイントは皮の色です。

かぼちゃの皮部分に少し「緑色」で加工をしてみました。

左右それぞれ、次のような「緑色」を足しています。

かぼちゃ-06かぼちゃ-05

 

 

 

 

 

 

 

 

これがいわゆる、ドミナントカラー。

緑は緑でも左は黄色の強い「イエロードミナント」、右は青の強い「ブルードミナント」。

実際のかぼちゃは、オレンジ部分は「イエロードミナント」、

皮部分も「イエロードミナント」らしいです。

ですので、同じドミナントカラーで組み合わせた左のかぼちゃの方が、普段見慣ていて、

さらに調和されているから美味しそうに見えるのでしょう。

 

ということは。。。

上の2つの緑色が同じ空間にあれば、、

例えばソファのクッションに両方の色を使ってしまえば不調和が起き、違和感のある空間になるかもしれません。

下のように、同じドミナントカラー(イエロードミナント)で統一した方がしっくりくると思いませんか??

緑2-01緑-01

ちなみにこちらは、ブルードミナントの黄色とピンク。全く違う色だけど調和しそうな気がしますね^^

ブルードミナント-01 ブルードミナント-02

 

こんな感じで、色選びは同じドミナントカラーで統一するとまとまりある空間になる!ということを学びました。

このドミナントカラーは人にも言えるらしく、イエロードミナント系の服が似合う人、

ブルードミナント系の服が似合う人に分けられるそうですよ。

ちなみに私はイエロードミナント系の人でした(笑)

自分に似合った色の洋服を着れば、顔色もよく見えるようで、

早速、お客様との打合せなどは意識した服選びをしようと思いました!

 

ポイントさえ押さえればカラーコーディネートも楽しく、自信をもってお客様にご提案できそうです。

これからカーテンや家具など買われる方、床の色や今ある机の色など意識して。。。色選びの参考にしてください~。

 

ではでは^^

この記事の投稿者: fujimoto

Home > Archives > 2017-12

Return to page top