ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > Archives > 2017-10

2017-10

島根県飯石郡古民家再生

こんにちは。

先週辺りから気温が下がり、肌寒い日が続いておりますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?

僕は涼しくて比較的過ごしやすいこの時期は好きではあるのですが、残念ながら毎年風邪気味になってしまうので苦手な時期ではあります、、、

みなさんは風邪を引かないようにお気をつけてください。

 

さて、今回は以前ブログでもご紹介した築90年の島根県飯石郡の古民家についてご紹介しようと思います。

これまで中々ブログでご紹介することが出来ませんでしたが、4月に現地調査を行って以降打ち合わせを重ねて、7月から工事を開始していました。

現在は木工事も終わりに近づいている状況で、今月中には内装工事に入る予定となっています。

ここからは主に解体後の写真とともに現場の状況をご紹介します。

 

こちらは元々和室でしたが畳と下地を撤去した状況です。

築90年も経過していたため、床は抜け落ちていて使い物にならない状態でした。

きちんと下地から組みなおしていきます。

IMG_1484 1503028457814

 

こちらは元々土間だった空間です。

以前は天井があったため梁が見えていませんでしたが、天井を撤去すると古民家らしい立派な梁が現れました。

この空間は新しくダイニングキッチンになりますので、この立派な梁を活かした空間にしていきます。

IMG_1465 IMG_1463

 

こちらは土壁を支えている土台です。

ご覧の通り、シロアリの被害をかなり受けていて朽ちています。

当然新しい木材に取り替えました。

築90年経っているので、どうしてもこういう部分が何箇所かは出てきますね。

IMG_1477 IMG_1514

 

今回は解体後の状況を主にご紹介しましたが、次回のブログの時には工事が完了している予定なので、完成後の写真とともにご紹介できればと思います。

この記事の投稿者: wasaki

酒まつり行ってきました

お久しぶりです。藤本です。

この日曜日に、西条で毎年開かれている酒まつりに初めて行ってきました。

電車内からもう人がいっぱいで、人が多いと聞いていたものの、想像以上で驚きました。

まずはぶらぶらたどり着いたのは酒蔵「福美人」。

IMG_3057

ジャズコンサートをやっていてのんびり聞き惚れました~。

皆さんお酒を手にワイワイ盛り上がっていて楽しい雰囲気でした。

ライブを見た後はお酒とから揚げを手に、再びぶらぶら。

 

そういえば近くに、4歳まで住んでいた社宅があったような…ときょろきょろ歩いていると見つけました!

私の生まれ育った場所。……あれ?人気がない?

IMG_3061

残念なことに敷地内は立入禁止で、今年には取り壊されてしまうらしく廃墟となっていました…

一緒に遊んでたみんな元気かなーなんて思い出しながら、懐かしい寂しい気持ちに。

まあ、最後の見納めができて良かったかな。。

 

 

気を取り直して歩いているとひときわ元気なおじさんの声が。

ワンコインで3種類のお酒が飲み比べできるということで、その言葉に惹かれおすすめ酒を注文。

さっきまでの懐かしい寂しい気持ちはどこへやら(笑)

日本酒を飲みなれない私は、「やっぱり1つは甘いやつで。」と梅酒をチョイス。

IMG_3070

焼きそばを食べながらちびちび飲むお酒は、お祭りの雰囲気も相まっていつもよりおいしく感じられました。

ただ、一番おいしかったのは、大吟醸ソフトクリーム。(やっぱり甘いのが好き (笑))

お酒は飲めるようになったけど、味覚はまだまだ子供ですかね(笑)

 

夕方になり、酒蔵通りも一通り回ったし、帰ろうか…と。

帰りの西条駅は行き以上に混雑。酒臭いぎゅうぎゅうの満員電車にのーんびりゆられて帰りました。

この記事の投稿者: fujimoto

最近の取り組み9

ラーバンでは今パッシブサークル広島に参加させていただいています。

パッシブサークル広島は全4回構成で来週で第3回目となります。

前回、前々回の内容をふまえ今回は課題プランを仕上げ、

日照シミュレーションと外皮計算、室温シミュレーション等を行い検証していきます。

貴重なアドバイスがいただける場でもあり、今後の家づくりに活かしていけるよう

しっかり勉強させていただきたいと思います。

IMG_1505

普段から週に1回社内でもパッシブデザインの勉強会を行い

少しづつですが個々スキルアップしてきていると思います。

IMG_0994

家づくりを検討されている方へも

自分たちの家づくりの思いや、特徴、手法をご説明させていただく機会が

ここ最近多くあり学んだ知識や経験を活かす場となっているようです。

またそういう場を通じて多くの方に共感いただけたのではないかと実感できました。

私は数歩先のことよりも一つ一つ階段を登っていく事、続けていく事を大事と考えます。

それを実践できるよう引き続き、

「快適で省エネ」の家づくりに向けて進んでいきたいと思います。

この記事の投稿者: takaya

Home > Archives > 2017-10

Return to page top