ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > Archives > 2016-10

2016-10

その後のひとこまからその1

住宅の引き渡し後施主のお宅にお邪魔させていただく機会があります。

生活をされる中で素敵にアレンジされていたり、

家の歴史が深まっていたりその都度様々な発見があります。

 

玄関の壁に設けた飾り棚ですが、設計で建物全体の雰囲気と合わせ、

白いすっきりとした壁に鼻先を少しシャープに加工した無垢のタモ材の板を取付ました。

板の質感とその上に飾られた白いウサギの置物が素敵でした。

img_3334

 

こちらは、

階段の上がり途中に正方形の開口を3カ所あけています。

窓がとれない間取りのため、廊下への明かり取りを兼ねつつ壁面のアクセントとしました。

こちらは白い開口とその中に置かれた木製の置物のコントラストが素敵でした。

img_6019

このように生活を楽しまれる工夫を見させていただけたり

家を大切にしていただいているとお聞きできることは、

本当に幸せなことでいつもありがたいと感じております。

この記事の投稿者: takaya

屋上をラグジュアリーに、、、

img_6497

以前から屋上の活用方法について、ラーバンでも屋上庭園(屋上緑化)などの取り組みを進めてますが、

新しい屋上での過ごし方、楽しみ方の可能性を求めて、住宅の見学に行きました。

 

img_6457

屋上の過ごし方の提案で、ソファ、テーブル等が備えついてます。

埋込式のバーベキューセットなどがあり、家族だけでなく、ご友人なども一緒に楽しめる場が生まれます。

img_6490

そして、コーナー一角には、なんとジャグジー付きバスがセットしておりました。

ラグジュアリーな休日の過ごし方が楽しめそうです。

 

img_6485

普段、屋根は雨から屋内を守る外部の存在でしたが、屋根(屋上)をデザインする事で、様々なライフスタイルを楽しめる可能性が広がる空間に変身すると思います。

(お庭が確保できない立地にも、最適な提案だと思います。)

これからも新しい屋上での過ごし方、楽しみ方の可能性を求めて、ご提案を進めていきます。

この記事の投稿者: shinsuke

東広島市高屋町Y様邸中間検査

最近寒暖の差が激しく、体調を崩し気味な僕ですがみなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

先日東広島市高屋町のY様邸で中間検査が行われました。

中間検査とは建築工事の途中で指定確認検査機関や役所によって行われる検査のことで、建物の完成後には見えなくなってしまう構造上重要な箇所を目視で確認し、その建物の安全性が確保されているかどうかを確認する目的で行われます。

この中間検査は建築上とても大事な工程の一つで、これに合格することで建築基準法で定められた基準以上の安全を確保した建物であると言うことができます。

今回の建物は木造住宅であるので、中間検査では主に構造金物や筋交いがきちんと施工されているかどうかが確認されましたが、施工に特に問題はなく検査には合格することができました。

 

ここからはそんな中間検査の時に施工状況について確認された構造金物についていくつか紹介したいと思います。

 

まずは火打ち梁です。

dsc_0262

これは2階の床や小屋組みに設けるもので地震や台風の時に発生する水平力に対して効果があり、建物の変形を防止する役割があります。

今回は前回の記事にもあった通り剛床工法なので、小屋組みのみの設置になります。

 

次に短冊金物です。

dsc_0263

これは梁や桁などの横架材の連結部に使用するもので、連結部を補強する役割があります。

 

次にホールダウン金物です。

dsc_0278

これは基礎に埋め込んであるアンカーボルトとこの金物を接合することで、基礎に建物をしっかりと固定する役割があります。

ちなみに基礎と建物を固定するだけでなく、1階と2階を固定するのにも使われることがあります。

 

最後に筋交いプレートです。

dsc_0277

これは柱と柱の間に入れて建物の変形を防ぐ役割を持つ筋交いを、柱にしっかりと固定するための金物です。

この金物があることで筋交いがより大きな役割を果たすことができます。

 

このように木造住宅では多くの構造金物を使用することで、より安全性の高い構造を実現しています。

今回紹介した構造金物以外にも様々な金物がありますが、どれも構造上重要な役割を担っていると言えます。

中間検査に立ち会ったことや今回ブログを書かせてもらったことで、僕自身も構造金物の重要性を再認識することができたと思います。

また機会があれば今回紹介しなかった構造金物についても紹介していければと思います。

 

この記事の投稿者: wasaki

ゾンビに襲われた時に必要な標語。

もうすぐハロウィンですね!
街に仮装したパーリィピーポーが溢れる季節となりました。
そんなパリピな皆様に人気なのがゾンビメイク。
巷の噂では、そのゾンビメイクの集団の中に実が本物が紛れているとかなんとか。
今日はそんなゾンビについて考察した某科学研究所所長の研究結果を引用して語ってみます。

 

そもそもゾンビは何故人間を襲うのか。
生き物は死ぬと細胞は酵素の力で自家融解を起こします。
本来ならゾンビも放っておけば細胞が自家融解を起こしてグズグズに溶けてしまうはずなんだけど、ゾンビの皆さまは元気に(?)走り回っていらっしゃる。
ちなみに、生きている生物はそれを抑制する酵素が働いているので融解しません。
それを考えるとゾンビが生きている人間を襲うのは、生きている人間から自家融解抑制酵素を貰うためなのではないか?という説。
だがそうすると咬まれた人間がゾンビになってしまうのは、ゾンビ自身にとって困った事態である。
人間を全部を食べてしまえばいいけれど、ちょい咬みだけでして開放してしまうと、少ししか抑制酵素を貰えない上に食べる側のゾンビが増えてしまうのだ!

 

ここでちょっと計算してみよう。
人間は通常平均して1日に1.6kgの食物を食べるという。
ゾンビも人間並みに食べなければ融解抑制酵素が働かない=死んでしまう(元々死んでいるけど)として、人間の体重を老若男女平均して50kgとしたらば、生きた人間が1人いれば31人のゾンビが1日生き延びられる。
ゾンビ映画を見ているとあれよあれよと大増殖しているけれど、最初の31人だけで1日1人の人間を仲良く分け合えば、計算上1600万年生きることが出来るのである。
人類はつつがなく子孫を増やし続け、ゾンビ達は永遠に食糧問題に悩まされずに済む。

 

しかし、各ゾンビが1日に一人づつ齧ってしまえば、翌日にはゾンビ人口62人、翌々日には124人と倍々ゲームで増えていく。
そうすると、約28日で全人類がゾンビになってしまう。
融解抑制酵素が貰えなくなったゾンビは自滅するしかない。
永遠と28日。その差は無限大である!

 

もしあなたがゾンビになったら、腐りかけの脳みそで下記の標語を思い出して下さい。
「生きた人間は限りある資源!残さず食べよう!!」

この記事の投稿者: mikido

東京行ってきました!

こんにちは、藤本です!

先日3泊4日の東京旅行へ行ってきました!!

一人でさみしk…のんびーり満喫してきました、、

img_9324

まず東京駅に着いて一番に思ったこと。

……ここどこ!!!??東京駅のどこ!?広すぎ、出口ありすぎ問題。

4日間東京にいましたが、駅構内は駅員さんや警備員さんに聞きまくって現代人らしからぬアナログな方法で行動してました。笑

 

まず1日目。

この日は待ちに待った”GOOD ON THE REEL”というバンドのライブの日。日比谷野外音楽堂でありました。

ステージに近いし、ど真ん中だしとにかく良い席でした!

雨上がりで澄んだ空気も気持ち良く、シャボン玉吹いたり、赤青銀のテープが発射されたり…野外だからこその演出もあってめちゃくちゃ楽しかったです(^^)

img_9284

 

2日目。

この日は1日東京を観光。

ホテルの近くに、行ってみると良いよと教えていただいた三越本店があったので足を運んでみると、、

ジャズウィークだそうで、正面玄関でお迎えしてくれるライオン像がおめかししてました!

通りすがりの人も皆写真を撮っていたので私も一枚パシャリ。

img_9307

レトロな店内もぐるっと回って、コレド室町や東京国際フォーラム、

ずっと行きたかった建築倉庫ミュージアムにも行きました。

img_9432    img_9428

建築倉庫は模型専門の展示・保存施設で、なんだか模型を作っていた学生時代を思い出しました。笑

広島の三次市民ホールの模型や、有名な国立代々木競技場のスタディ模型なんかも大切に保存されていてテンション上がりました。

模型も随時新しいのが入庫されているみたいなのでまた行きたいなーと思います。

 

そしてそして3日目。

この日はとあるカフェへ。

img_9477

1957年竣工、 “新宿ホワイトハウス” と呼ばれていたこの建物は建築家磯崎新のデビュー作でアトリエとして使われていたそう。

真っ白だったであろう外観にはツタが絡まっていて(絡まりすぎ?)いい味が出てますね。笑

中は大きな吹き抜けとロフトがあって、あそこの障子は後から付けたんだろうなーとか、このキッチンは昔のままかなーなど見ていて面白かったです。

img_9462    img_9460

新宿にあるカフェアリエってお店です。東京行かれた際には是非^^

そして夕方は”Galileo Galilei”の武道館ライブへ。

はい、東京旅行2回目のライブです!笑

Galileo Galilei解散前のラストライブだったので、ちゃんと気合を入れてTシャツやタオルを買って楽しむ準備をしました!

大好きなバンドが解散って寂しいですよね( ;  ; )

うわぁぁ、ここでこの曲やるかーってもう涙ぶぁーーですよ。笑

デビュー曲や一番好きな曲やってくれたりして、最初で最後の武道館ライブは最高でした!!

ボーカルの言った「またね。」の言葉を信じて、何かしらの形で戻ってきてくれるのを楽しみに待とうと思います。

img_9500    img_9508

 

とまあこんな感じで充実した東京旅行を送りました!

まだまだ行きたいところがあったのに。。

一人でも十分楽しめたし、むしろマイペースに回れて良かったかもしれない。

また回りきれなかったとこや、他にもどこか旅行行きたいなーと計画中です。

おすすめ等あれば是非是非教えて下さい^^

 

長々と語ってしまいましたが最後まで読んでくださりありがとうございます!

ではでは。

この記事の投稿者: fujimoto

現場のひとこまから2

ある年末に仕事納めのため現場に様子を伺いに行ったときのことです。

大工さんがきれいな状態で年を越せれるようにと建築中の建物の掃除をしていてくれました。

現場をきれいにしてくれようとする意識が高く、

日頃から整理整頓を上手にしてくれる棟梁です。

あたりまえなことと思われることですが、寒い風が吹く中での自発的な行為に刺激を受け

またその気持ちをうれしく思い自分も小時間だったのですが清掃を一緒に行ったのを覚えています。

常駐しているわけではないのですが、誰よりも現場と関わりを持つ時間が多い現場担当として

家を建てられる施主のために、現場に行った時は可能な限り職人さんと声を掛け合い、

できることできないことはあったとしても、意識をもって協力し一緒にものづくりを行いたい。

そう考えよりよい現場づくりをしていきたいと思っています。

img_8898

この記事の投稿者: takaya

広島FM「DAYS!」住宅セミナー 公開収録

img_3650

代表下田が出演する、広島FM「DAYS!」住宅セミナーの公開収録へ行ってきました。

ゲストにモデルの高垣麗子さん、広島県建物取引業協会 会長の津村氏が出演されました。

 

img_3630

テーマは「今どきの住い選び事情・最新トレンド2016」。

来場者の方の関心が高く、会場はすでに満席になってました。

 

img_3636

ラーバンの発表テーマとして、

「住環境を求めるライフスタイル」

「古民家リノベーション」

「記憶を大切にする家づくり」

「最新のパッシブデザインの考え方・ZEHの住いづくり」の4つのテーマについて講演しました。

各テーマに写真事例を用いて、様々な住まい方・プロセスストーリについてお話しをしてます。

最後に視聴者さんからの質問や感想を聞き、今回の住宅セミナーを通して、

私自身も色々な発見がや勉強になったセミナーでした。

 

 

 

この記事の投稿者: shinsuke

東広島市高屋町Y様邸上棟

昨日、東広島市高屋町にてY様邸の上棟が行われました。

台風が去った後ということもあって当日は快晴で、上棟日和となりました。

 

まず、上棟を始める前に建物の四隅を塩と酒で清めていきます。

2

 

清め終えたらいよいよ一階の柱を建てていきます。

大工さんが8人もいるのであっという間に建っていきます。

3

次に一階の桁を組んでいきます。

4

梁と柱を金物で固定していきます。

これも大事な工程の一つです。

5

次は2階の床を敷いていきます。

今回は根太レス工法になるので24mmの構造用合板を敷き、剛床としていきます。

6

床ができたら次は2階の柱を建てていきます。

柱は「逆さ掛矢」と呼ばれる道具を使ってしっかりと打ち付けていきます。

8

柱が建ったら梁を組んでいきます。

9

ここからは屋根組みに入っていきます。

まずは小屋束を建て、母屋を乗せていきます。

12 18

次に垂木をかけ、遮熱シートを敷いていきます。

13 14

最後に通気胴縁を打ち、野地板を敷いていき完了です。

15 16

 

無事上棟を終えることができました。

今回は僕がY様邸の現場を担当することになりましたので、今後も現場の状況を報告していければと思います。

20

 

 

この記事の投稿者: wasaki

東広島市 Y様邸古民家改修工事 完成見学会レポート

先週の10月1日(土)2日(日)に行った、古民家を大規模改修したY様邸の完成見学会の様子をレポート致します。

kenngakukai-2kenngakukai-6

今回のエントランスはこんな感じ。

あいにくのお天気でしたが、沢山の方に来て頂きました!

kenngakukai-5kenngakukai-3

代表下田がご案内。

思わず熱くなってしまう場面も?!

kenngakukai-9kenngakukai-8

ビフォーと見比べてびっくりされる来場者様。

たしかに。

やりすぎました(笑)

kenngakukai-7kenngakukai-4

ラフプランや資金計画にもお答え致します。

計画中の方も、実際の物件を見ることでイメージを固めることが出来るかと思います。

次回は11月に行いますので、是非、ご参加ください!

この記事の投稿者: mikido

作ってみた

最近雨ばっかり、そろそろパーっと晴れないかなー

 

そう、先日初めてまともにパンを作りました!(今までどんなパンを作ってたんだ。)

材料を揃えて、きちんと計って、生地作りはホームベーカリーにおまかせ。笑

そして出来上がった生地がこちら。

img_9115

これを

 

img_9116

こうして、、

 

img_9121

これに

 

img_9134

コーンと黒ごまで顔作って

 

img_9126

いってらっしゃーい

オーブンで約20分。

 

img_9135

はい、いい感じに日焼けしたひよこのできあがり!!

 

SNSで知ったひよこちぎりパン。なんとも言えない表情が可愛くてずっと作ってみたかったんです。

生地はホームベーカリーにお任せだし、材料もすぐ手に入るし、意外と簡単にできました!

そして何より色んなひよこの表情を作っていくのが楽しい!

 

ケチャップでとさかを描いてニワトリにしたり、

生地にメープルシロップや野菜のペーストを練り込んでも良さそうです。

これを機にキッチンの隅で眠っていたホームベーカリーをどんどん使っていこうと思います。笑

また作ったらアップしますね。気長に待ってくださると嬉しいです^^;

この記事の投稿者: fujimoto

Home > Archives > 2016-10

Return to page top