ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > Archives > 2012-03

2012-03

万作看板

三原で製作中の、「万作」の看板です。

 

分厚い木の板を手彫りで掘って、文字を浮き上がらせてもらいました。
これから、どんな風に色付けしようか…というところの写真です。

 

細部までしっかり掘られてて、職人の技を感じます。

 

↑職人さんの作った作品も見せてもらいました。
不思議空間が広がっています!!!

このお方の作品を買い取りに、他県からやってくるお客さんも多いそうです。
お店に置いておくとグーンと運気アップするような気がします!

さてさて。
このお方の作品たちは、もうすぐOPENの居酒屋「万作」でも見る事ができますよ〜!

「古材を使った店舗設計 万作ができるまで」ブログはこちら。

この記事の投稿者: rurban

ショールームへ

古民家再生・リフォームのプロジェクトが進行中のS様と、
キッチンやお風呂などの住設機器を選びにショールームへ。

ショールームの方が細かい機能まで説明してくれます。

娘ちゃんもお料理する気まんまん!
大きくなったら 新しいキッチンでママと一緒にお料理してね♡

おにいちゃんはキッズルームに居た子供たちと兄弟のように仲良くなり、
ダイナミックに遊んでおられました↑

キッチンひとつにしても、引き出しから何から決めることがいっぱいあって、
一度になんて決められないですよね!
出来上がりを想像しながら、いっぱい悩んでくださいね〜!

この記事の投稿者: rurban

古家具の掃除

古家具の清掃作業です。
この大量の古い家具たちの、あのころの輝きを取り戻す作業です〜!

まずは箒で大量のホコリを払って、コンプレッサーで細かい部分の汚れを吹き飛ばし・・・
水拭きして、さらに汚れがひどい部分にはホウ酸をしみ込ませた水で拭き拭き・・・。

キレイになったらトラックに積んで現場へレッツゴー!
この家具たちはなんと・・・「万作」に設置されてまた使われるんです。

そしてもうひとつご紹介。
このぶらさがってるのは、自在鉤(じざいかぎ)という
よく囲炉裏の上とかにぶらさがってる物です。

鉄に見えるけど、木製なんですよ〜。
近くでみると、なかなか可愛い顔をしております。

この子たちも万作でまた使われる予定です!

 

さてさて・・・「万作」現場も佳境に入ってきました!!
完成まであと少しです!

「古材を使った店舗設計 万作ができるまで」ブログはこちら。

この記事の投稿者: rurban

「炭焼 万作 えびす通り」古材の柱

この日は とっても太くて大きな古材の柱をクレーンで吊って設置。

こんな木、昔の人はどうやって運んだんでしょう??

「古材を使った店舗設計 万作ができるまで」ブログはこちら。

この記事の投稿者: rurban

「炭焼 万作 えびす通り」土間の墨入りモルタル

1階にもモルタルが塗られました。
職人さんたちがプロの技で仕上げてくれています。↑

そしてまだ半乾きなので、足跡がつかないようにベニヤ板の上を歩いてます↑

砂利も埋め込み・・・。↓

まだまだ黒いけど、これが乾くと素朴な色合いになります。

 

厨房もだいぶ形になってきました↑

大きなレンジフードが付いてます。↑

奥から見るとこんな感じ。

カウンターのタイルはこんな感じ↑

タイルの目地の感じがとってもいい感じです。

 

チーム万作の作業はまだまだ続きます・・・。

「古材を使った店舗設計 万作ができるまで」ブログはこちら。

この記事の投稿者: rurban

N様邸 敷地調査

この日は岩国へ。

こちらもホームページからお問い合わせいただいたお客様。
候補とされてる土地を調査しに 行って来ました〜。

「ほんとにこの土地だいじょうぶ?」「安全面とか風とか・・・」
そんなお悩みに、プロからのアドバイスをさせていただいてます!

ワンちゃんは、おむかいのお家のワンちゃんでした。

とってもとーーーっても景色の良い土地。
晴れた日には瀬戸内海に浮かぶ島が見渡せるんですよ〜!

打ち合わせ中・・・

子供たちはひたすら 草あつめに没頭しておられました(笑)

枝に花をくっつけて巻き巻きしてみたり・・・

花束もどき?を作成したり・・・。

なんでも遊び道具になるんですね〜♡

そしてお客様が帰られたあとは ひたすら計測タイム!

こんな景色の良い場所に住めるって・・・すっごく気持ちいいでしょうね〜!!!

この記事の投稿者: rurban

Home > Archives > 2012-03

Return to page top