ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > Archives > 2012-02

2012-02

「炭焼 万作 えびす通り」モルタルの砂利埋め

前回「墨入りモルタル」を塗った土間に、
砂利が敷かれました。

アップで見るとこんな感じ。
素朴な風合いがよく出ています。

土間に下りやすいように踏み石も設置され・・・
これから古材の柱が設置されて、奥の丸い石が土台になります。

この丸い石。
解体された古民家にあった 石臼だそうです!
年期が入ってて、削れ具合がいい味出してます。

「古材を使った店舗設計 万作ができるまで」ブログはこちら。

この記事の投稿者: rurban

「炭焼 万作 えびす通り」古材の組み立て

本日は・・・

工事中の万作現場です。

 

 

古民家から解体された古材たちは・・・このように↑ふたたび内装として組み立てられて、
飾りの縄が巻かれています。

土間には墨入りモルタルが塗られていました。

このあと、この上に砂利が敷き詰められる予定です!

「古材を使った店舗設計 万作ができるまで」ブログはこちら。

この記事の投稿者: rurban

【動画】古民家の解体

今日はとっても迫力ある映像のご紹介!

広島の中区堀川町に現在進行中のプロジェクト「飲食店 万作」の内装に使う古材のため、

古民家をバリバリ1軒解体している・・・という、

なんとも迫力ある動画になってます。

 

「万作」の工事状況などの動画はこちら↓から見れます。

 

【動画で見る 古材を使った店舗設計プロジェクト】
http://rurban-design.jp/mansaku/tag/movie

 

この記事の投稿者: rurban

「炭焼 万作 えびす通り」解体後の古民家

 

こちら↓の古民家。

この古民家を解体して出た古材を使って、店舗「万作」が作られているんです。

 

 

 

現在は・・・。

 

こんなかんじで・・・

 

半分になった部分を補修して、さらに8畳ぶん増築しました。

 

 

 

古材調達やその後の工事の様子は こちら■ にて詳しくアップしています!!

 

 

長い年月ここに立ってくれていた この古民家のおかげで・・・味のある本物の古材を使って店舗が作れます!

 

 

この記事の投稿者: rurban

Home > Archives > 2012-02

Return to page top