ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > Archives > 2010-05

2010-05

段原の家1

戦前に建てられた古民家の移築再生の現場の様子です。
古材と新しい材が混在し組み立てられていきました。

昔の木造の仕口は手が込んでいます。
通し柱に竿と呼ばれる部分が貫通し車知栓と呼ばれる部材が打ち込まれた二方差しの仕口です。
今ではなかなかお目にかかれないこんな部分に感動しました。

 

この記事の投稿者: rurban

霞町の家5

通路の上部に二箇所トップライトを設けています。
四角く切り取られた天井から明かりが落ちてくる感じで幻想的です。

この記事の投稿者: rurban

Home > Archives > 2010-05

Return to page top