ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > 進行中プロジェクト

進行中プロジェクト Archive

佐伯区S様邸新築工事完成見学会

こんばんは。

相変わらず暑い日が続きますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

くれぐれも熱中症にはお気をつけ下さい。

 

ブログでも何度かご紹介していた佐伯区S様邸新築工事ですが、先日ついに完成致しました。

お施主さんとの出会いから約10ヶ月、工事開始から約6ヶ月と、1年経たないうちでの完成となりました。

その間お施主さんとは何度も事務所や現場で打ち合わせを重ね、お施主さんが納得し満足して頂けるような家づくりをしてきました。

そんなお施主さんの思いやこだわりが反映された住宅を、この度お施主さんのご厚意により、見学会にて皆さんに披露させて頂くこととなりました。

ホームページや新聞・雑誌でもご紹介していますが、見学会は9月2日・3日、9日・10日の二週に渡って開催致します。

見学会は完全予約制となっておりますので、ご来場を希望の方はお電話かメールにてご予約下さい。

すでに沢山の方からご予約を頂いておりますので、興味のある方はお早めにご予約をお願い致します。

それではご予約・ご来場、心よりお待ちしております。

DSC_1877

 

 

この記事の投稿者: wasaki

郷の駅プロジェクトその9

川西郷の駅〜いつわの里〜 7/21オープンしました。おめでとうございます。

思えば2016年8月から設計打ち合わせを行い、2017年2月から工事着工、

7月初旬の工事完了まで設計から工事監理という立場で

約1年間私はおつきあいさせていただきました。

その間 当然ながら様々な課題がありましたが、

関係するみなさんとひとつひとつ議論し解決してきた事の積み重ねが、

先日のオープンを無事迎える事ができたことへ繋がったのだと確信致しました。

IMG_1369

オープン前最終準備中の店舗内の様子です。

IMG_1318

産直の野菜や果物などの直売所も、想像していたとおり色鮮やかに商品が並べられていました。

IMG_1321

午前中にはオープンセレモニーも行われました。

IMG_1374

オープン後は大勢のお客さんが集まり大混雑していました。

IMG_1382

これからがスタートかと思います。

地域の拠点、訪れたお客さんとの交流の場として

今後のご活躍を期待し応援して行きたいと思います。

この記事の投稿者: takaya

これぞ職人技!! 左官職人さん編

日々、現場を担当させて頂くと様々な職方さんと出会い、そして職人技を

見させて頂く機会が多くあります。

今回は左官職人さん編をご紹介しようと思います。

現在、進行中の改修工事ですが、玄関の一部を左官工事を行ってます。

ラーバン代表下田のこだわりでもあるのですが、

外壁の一部にアール壁のデザインを行いました。

それを左官屋さんが漆喰塗りで仕上げる作業を行ってます。

 

image2

 

微妙な曲線状な壁ですので、図面は無く、現場で曲線具合いを決めて行きました。

仕上げになると

職人さんは「ホンマしわい仕事じゃの〜」と言いつつも、腕のみせ所なのか、

いつも以上に気合いとチャレンジを楽しんでいるかのように手仕事をされてます。

しかも、今回の壁のアール具合を出すために、既製品の道具ではできないため、職人さん自身が塗り道具を作られました。

職人は「段取りと道具から始まる」と昔に教えて頂いたのを思い出しました。

image4

 

独自の道具でアールを生み出して、

仕上げは金コテで整えてます。美しい曲線ができてます。

 

image1

現場を担当させて頂くと、職人さんの凄さが伝わってきます。

玄関のリフォームを何気ない日常の玄関だけでなく、

ひとつひとつが様々な職方の思いを入れ込んだ手仕事と我々の設計やコンセプ

トがかさなり、形になると他にはないここだけの玄関ができることを実感しました。

お客様やご家族が玄関の完成を喜んで頂ければ幸いです。

 

image3

この記事の投稿者: shinsuke

佐伯区S様邸進捗状況

こんばんは。

ついに梅雨明けが発表されましたね。

これから暑い日が続くことになりますが、何とか乗り越えていきたいですね。

今回は佐伯区で工事中のS様邸の進捗状況を少し紹介します。

 

DSC_0301

こちらは子供室ですが、クロス工事が終わり以前とは雰囲気が変わっています。

早く床の養生も撤去して杉のフローロングを見たいですね。

 

DSC_0257

こちらは玄関です。

左官さんによるタイル工事も終わっています。

お施主さんの選ばれたペンダントの照明器具が付くのが楽しみです。

 

DSC_0276

こちらは台所です。

キッチン本体とバックヤードが据えられました。

ガラス面の大きな勝手口ドアを採用したこともあり、明るい空間になっています。

気持ちよく料理ができそうですね。

 

これまで何度か紹介してきたS様邸ですが、ご覧頂いたように内装工事も終わり住宅設備も取り付けられている段階まできました。

あとは建物の仕上げと外構工事を残すのみなので引き続き丁寧に工事を進めて行きたいと思います。

 

 

 

 

この記事の投稿者: wasaki

郷の駅プロジェクトその8

郷の駅竣工検査と取扱説明立会に行ってきました。

内装仕上げも完了し、照明器具や陳列棚、各什器等も設置され無事完成しました。

IMG_1187

各関係業者さんもみなさん集まり検査を行い最後の仕上げにむかっていきます。

多くの方々が関わり協力し合うことによって工程もずれることなく無事完成に至りました。

施主の郷の駅さんからもご苦労さまでしたとお言葉をいただきました。

IMG_1170IMG_1220

エントランスを入って正面のレジカウンターです。

吹き抜けを設けたことによって想定どうり開放的な空間になっています。

IMG_1175

白色を基調とした店内には柱や梁組など自然の木材が表され、

こちらも想定どうり単調な店内空間のアクセントとなっています。

IMG_1181

吹き抜けの高窓から明かりが降り注いでいました。

天気もよかったせいか店内は照明をつけていなくても明るく気持ちのよい空間でした。

右手の厨房でつくった軽食をいただくこともできます。

IMG_1200

憩いの交流スペースから直売所の方をみた写真です。

地元の新鮮な野菜や果物など、色とりどりの旬の食材が並び販売されます。

IMG_1201

自然や風景を楽しんだり、地元の方々との交流もできたり、

イベント等も定期的に広場で開催される予定だそうですので

ぜひみなさん一度立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。

この建築「川西郷の駅 いつわの里」が地域の拠点となり、

このエリアが盛り上がっていっていただくことを私も応援して行きたいと思います。

この記事の投稿者: takaya

三良坂 T様邸新築工事 上棟

先日、三良坂 T様邸新築工事にて上棟が行われました。

天気にも恵まれて、無事に着工することできました。

 

IMG_2445

 

応援の大工さんも含め、大勢の職人さん達がかけ声と共にてきぱきと作業を進めてます。

図面をみなくても、どこに何を配置して組み立てていくのか、、、頭の中で立体像を描いている大工さんをみるといつも感心します。

 

IMG_2457

 

終盤に進むと屋根の骨組み作業を行います。

ラーバンの特徴のひとつでもある「遮熱シート」は、夏の日射対策として有効です。

屋根の下地にむけて取付けていきます。

 

IMG_2506

 

夕方、無事に上棟も終わりました。

これから完成に向けて職人さん達と一緒に進めて参ります。

 

この記事の投稿者: shinsuke

佐伯区S様邸新築工事

こんばんは。

先週広島も梅雨入りが発表されましたが、梅雨入りを感じさせないような天気の良い日が続いていますね。

来週からは天気が崩れ始めるようなので、ようやく梅雨を感じることになりそうですね。

今回は佐伯区で進行中のS様邸新築工事について、現場の写真とともに紹介しようと思います。

 

こちらはLDKです。

通常より約50㎝ほど幅広の掃き出し窓を設けているので、明るく開放的になっています。

DSC_0206 DSC_0221

 

こちらはリビングに隣接して設けた階段です。

今は蹴上の部分が下地材となっているので寂しい印象を受けますが、クロスで仕上がったらいい雰囲気になりそうですね。

右側にあるコンパクトなニッチも良いですね。

 

DSC_0250

 

 

こちらは和室です。

入口に取付予定の製作建具は天井吊タイプなので、建具を開け放った時には天井がすっきりした印象になります。

室内には化粧柱や杉の板張りもあるなど少しこだわった空間になっています。

クロスもこだわったものとなっているので完成が楽しみです。

DSC_0208

 

こちらは子供室です。

現在は1部屋となっていますが、将来的には2部屋に区画できるような間取りとなっています。

お子さんの成長に合わせて間取りを変えていける子供室は、ありがたいですよね。

 

DSC_0235

 

現在工事中のS様邸新築工事ですが、木工事が終わり来週からはクロス工事に入る予定となっております。

今後は見学会も行う予定となっているのでご興味がある方はぜひご参加ください。

 

 

 

 

 

この記事の投稿者: wasaki

郷の駅プロジェクトその7

いよいよ7月中旬のオープンにむけて工事も大詰めにさしかかってきました。

先日、各関係工事業者が集まる墨出し検査に立ち会ってきました。

什器の配置を全て床に墨出しして納まりを協議し決定となります。

レジカウンター廻りの詳細寸法やトイレ廻り、陳列ケースのレイアウトなどなど

電気設備や給排水設備ほか多くの工事が複雑に係ってきますので入念に協議されました。

IMG_0798 

IMG_0801

外装工事はサイディングも仕上がりほぼほぼ完了です。

内装工事も現在進捗していて順調にいけば、6月いっぱいで建物の完工予定となっています。

 IMG_0826

 

IMG_0797 

ちなみに浄化槽の基礎工事が進められていたのですが、

ここまで大きなものは初めて見ましたので驚きました。

この記事の投稿者: takaya

竹原市 N様邸改修工事 珊瑚漆喰塗り

竹原市 N様邸改修工事も室内の仕上げ工事が進んでおります。

壁と天井には、左官による漆喰塗り作業を行ってます。

 

IMG_1798

 

漆喰は様々な商品があり、商品ごとに特徴も異なります。

ラーバンがいつも使用する漆喰は、琉球の塗り壁で風化造礁珊瑚漆喰を使用してます。

 

IMG_1800

 

あまり馴染みのない漆喰材と思われますが、

この風化造礁珊瑚は、名前の通り風化した珊瑚礁からできてます。

長い年月で化石化した珊瑚が海底に堆積したものです。

珊瑚礁の特徴でもあるのですが、微細な空孔をもった多孔質があるため、

臭いや湿気などの吸着除去に大きく発揮するのが特徴です。

またキレイな海で育った珊瑚は、マイナスイオン発生効果でも注目されている素材であります。

 

漆喰材とそれをねり固める接着剤にも特徴があります。

通常は樹脂やセメントをねり材として固化させていくのですが、この風化造礁珊瑚漆喰では

無機質のイオン結合による固化を行います。

通常の固化材は漆喰材自身の通気層に入り込み、その通気性は落ちてしまうことがあるそうですが、

この無機質のイオン結合は、イオンの働きにより固化を行うので、

混和剤の量を最小限に抑えながらも強度を得ることができます。

よって気孔の多い素材なので、それを塞ぐことなく固めるため通気性、吸着性の効果を大きく発揮することが可能となります。

 

IMG_1799

漆喰は敏感な素材でもありながらも、その風合いや住みながらの快適な空気感は

やはり魅力的だと思います。

みなさんも、ぜひ風化造礁珊瑚漆喰を体感してみてください。

 

 

 

この記事の投稿者: shinsuke

郷の駅プロジェクトその6

郷の駅 工事現場着々と進行しております。

先日は小屋裏界壁検査に行ってきました。

2週間前に金物の検査に行った時にはまだ骨組みの状態でしたが

一気に外部の工事が進捗していました。

今回の建物の特徴である約1.4mの長い軒の出も木組の重厚感がしっかりと表れ

周辺の風景にもなじんでくれるはずです。

内部も今は単に広い空間ですが、天井ができたり吹き抜けができてくると

空間のメリハリが強調される気がして楽しみにしています。

20170406_170406_004220170406_170406_0007

現場作業状況としては

外廻りは屋根の板金工事と外装シート張り工事が終わりサッシも取付られ、

屋上の防水工事の段取りが行われていました。

内部は大工さんが下地組みを進めており、電気設備や空調設備等も施工が進んでいました。

20170419_170419_0004

骨組の状態から内外装の仕上げができていく過程の現場にも

見所はたくさんあるような気がします。

次回は外装も仕上り、内部の造作工事等も進んだ状況をお知らせ致します。

この記事の投稿者: takaya

ホーム > 進行中プロジェクト

Return to page top