ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > 現場レポート

現場レポート Archive

竹原市 N様邸改修工事 なぐりマツ桁張り加工

 

IMG_8955

 

竹原市にて改修の工事が進んでおります。

本日、現場監督さん、大工さんと一緒に現場打ち合わせを行いました。

今日のメインである「地マツ産のなぐり桁」を確認しました。

この桁は、リビングの象徴的に姿を現すようになってます。

 

IMG_8942

 

職人さんが丸太から作業が始まり、一つ一つなぐり加工を行い、完成しました。

曲り材の曲線となぐり部分の素材感が大変美しく、木造住宅ならではの醍醐味だと改めて感じました。

 

IMG_8913

 

意匠性だけでなく、構造材としても現地で木組みの打合せを行いました。

垂直・水平・斜めと組み方や掛け方と日本の住宅の軸組の難しさと素晴らしさに改めて

勉強させて頂いた一日となりました。

 

この記事の投稿者: shinsuke

広島市 西区 M様邸 リノベーション

解体工事が完了して、いよいよ大工さんの工事が本格的にスタートしました。

12月のお客様とのお打合も終わり、提案どおり具体的に実現できる様に現場も進めて行きます。

 

IMG_8480

今回の改修工事はマンションのようなコンクリート造なので、可変的な大改造はできないのですが、

既存の間取りや佇まいを基本として、住まい手に対して新しくリノベーションできるように頑張って参ります。

 

IMG_8477

大工さんも普段の木造住宅とは施工方法が異なるため、ひとつとひとう確かめながら収まりを考えて頂いてます。

まだまだスタートしたばかりですが、完成にむけて頑張って参ります。

 

 

この記事の投稿者: shinsuke

西区 M様邸改修工事

現在、計画中のお施主さんと住設のショールームへ行ってきました。

色々なキッチンを実際に観て頂きながら、体感をしてもらってます。

img_7552

普段の生活で使われているキッチンやトイレ、お風呂など、

やはりその家庭ならではの使われ方があります。

持ち物の種類や、並べ方・しまい方や使い方など、、、。

家庭それぞれの型のように、長年の習慣があります。

ショールームでは、一緒にその使い方を再確認しながら、新しい住設の使われ方、時には新しいあり方をプランナーの方と一緒になって考えていきます。

img_7549

今回の改修工事は、マンションのような構成のリフォームなので、

木造住宅とは大きく異なり、改修の制限が多く出てきます。

しかし住設の使い方のように、長年の住まい方の型から少しでも変化できるように、工夫を凝らし快適な生活がご提案できるように、これから打ち合わせをお施主さんと一緒になって進めていきます。

 

この記事の投稿者: shinsuke

お引き渡し式

先日、坂町N様邸新築工事のお引き渡し式が行われました。

お引き渡し式は、本体工事の完成と共に引き渡す前のご準備を一つ一つ説明を行っていきます。

 

img_7290

住まわれた際に、使用方法が迷われない様に

特に新しく使われるキッチンやお風呂などは、念入りに使い方のご説明を行いました。

 

img_7297

ライフラインとして重要な水道も、一緒に立ち会いを行って説明をしています。

工事を行った水道設備屋さんも、ご丁寧に説明して頂きました。

 

img_7301

水道の説明に続いて、大切な電気関連について、いつもお世話になっている電気設備屋さんがご説明をしてます。

各職人さんも、ひとつの家を通して、工事のはじめから関わり、無事に完成したことをみなさんが喜んで頂きました。

 

img_7302

そして、最後に、

出会いから完成までを記録したスライドムービーを音楽と一緒に上映をしました。

上映を観ながら、現場担当として、様々な職人さんにサポートして頂きながら、時にはご迷惑をおかけする中、あたたかく見守って頂いたお施主さんに本当に感謝しております。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

この記事の投稿者: shinsuke

11/12(土)13(日)完成見学会レポート

k1_1

先週の週末11/12(土)13(日)に行った完成見学会の様子をレポート致します。

天候にも恵まれて、焼杉×濃紺のスタイリッシュな外観が青空に映えます!

 

k2_-1k2_-2k2_-4 k2_-3

見学会会場の中は、こんな感じになっています。

相談スペースとソファスペース、キッズコーナーもあります。

ラーバンの過去の施工事例と模型、工法の展示や実験コーナーもあり、ラーバンのすべてを知ることが出来ます。

 

k3_-1k3_-4k3_-3 k3_-2

今回見学会にご使用させて頂いたお宅は、バルコニーから海が見えるのです!(いいなぁ~)

リビングには太陽の光がたっぷり入ります。

ホールを利用して、大量の本が収納できる本棚を作り付けました。

本好きには有難い仕様です!

壁紙も、トイレに至るまでお施主様と意見を出し合いながらコーディネイトしました。

 

k1_3 k1_2 k1_6 k1_4

今回も沢山の方にご来場頂き有難うございました。

来て頂いたお客様からは、実際のお家を見ることでより具体的に体感することが出来たので良かったとのご意見を頂きました。

また、代表下田による資金計画やこれからの家づくりに関するセミナーも好評でした。

家づくりにお悩みの方は一度ご来場下さい。

次回開催日程は未だ未定ですが、決まり次第こちらでお知らせ致します。

 

なにはともあれ、来て頂いた皆様、有難うございましたー!

次回も宜しくお願い致します!!!

k1_7

 

 

 

 

 

この記事の投稿者: mikido

東広島市 Y様邸古民家改修工事 完成見学会レポート

先週の10月1日(土)2日(日)に行った、古民家を大規模改修したY様邸の完成見学会の様子をレポート致します。

kenngakukai-2kenngakukai-6

今回のエントランスはこんな感じ。

あいにくのお天気でしたが、沢山の方に来て頂きました!

kenngakukai-5kenngakukai-3

代表下田がご案内。

思わず熱くなってしまう場面も?!

kenngakukai-9kenngakukai-8

ビフォーと見比べてびっくりされる来場者様。

たしかに。

やりすぎました(笑)

kenngakukai-7kenngakukai-4

ラフプランや資金計画にもお答え致します。

計画中の方も、実際の物件を見ることでイメージを固めることが出来るかと思います。

次回は11月に行いますので、是非、ご参加ください!

この記事の投稿者: mikido

東広島市 Y様邸古民家改修工事その5  完成見学会のお知らせ

東広島市 Y様邸古民家改修工事も無事に完成を迎える事ができました。

このたび、お施主さんのご厚意により、完成見学会を2日間限定で行います。

古民家のフルリノベーションを実際に体感できるチャンスです。

会場では最新の新築住宅事例、リノベーション事例の展示はもちろん、

資金計画・空き家活用方法・家づくり相談会も行っております。

ご興味がある方は、ぜひご参加をお待ちしております。

 

日時:10月1日(土)・2日(日)10:00〜16:00

問い合わせ:お電話・メールフォームよりご予約下さい。

 

 

外観Before

 

1-before

外観After

4after

 

 

土間Before               土間After

2-before5after

 

床の間Before 

3-before

 

リビング・ダイニングAfter

img_3587

キッチンAfter

7-after

この記事の投稿者: shinsuke

N様邸小規模リフォーム

史上最も暑かったとまで言われていた8月も終わり、少しずつですが暑さが和らいで来ました。

ただ、今年は残暑が厳しいとのことなのでまだまだ安心は出来ないですね。

 

先日、N様邸のリフォームを行いました。

規模は小さく工期も3日と短かったですが、以前リビング廻りをリフォームさせて頂いた施主さんであったため今回も工事をさせて頂くことになりました。

今回のリフォームは僕が担当することになった最初の工事でしたので思った以上に大変ではありました。

 

<リフォーム前>

DSC_0003 DSC_0004 DSC_0005 DSC_9279

今回の工事内容は8帖の洋室の壁・床・天井の貼り替えと、別室の床の間への枕棚とハンガーパイプの取付です。

 

<完成後>

DSC_0072 DSC_0077 DSC_0076 DSC_0065

工事を進めていく中でいくつかイレギュラーなこともありましたが、大工さんが頑張ってくれたおかげで無事に工事を終えることが出来ました。

今回N様邸の小規模リフォームを担当したことで、今までは見えていなかった現場にとって重要なことが少し見えてきたと感じています。

これから様々な物件を担当していくことで、さらに色々なことが見えていければと思います。

この記事の投稿者: wasaki

東広島市 Y様邸 古民家改修工事 その3

 

IMG_0534

Y様邸改修工事の外壁は「焼き杉」を使用してます。

「焼き杉」とは、文字通りですが杉の板の表層を焼いた外装材のことです。

表層を焼く事で、炭化層が防水性を高め、劣化を防ぐ役割があります。

その役割によって昔から多くの日本建築の町並みで使用されてきました。

当時は、「防火対策」としても使用されたと考えられたそうです。

 

IMG_8858

現在では、「防水性」と「通気・気密」を高めるために、壁の下地内で処理を行い、その上から焼き杉を張って行きます。

ラーバンでは少しでも炭化層を確保するため、焼き杉の種類の中でも「素焼き」タイプをセレクトします。

又、板の裏面の防蟻・防腐処理、表面の劣化・汚れ防止にコーティングの皮膜層を設けてます。

自然素材である焼き杉を少しでも永く使って頂く為の大切な作業です。

IMG_0608

一枚一枚、丁寧に張り続けて、出来合った頃には、大工さんも真っ黒になってましたが、焼き杉の迫力に圧巻してました。

炭の素材、焼き杉は、

新建材では味わえない古民家の佇まいを感じました。

 

 

 

この記事の投稿者: shinsuke

広島県安芸郡坂町N様邸新築工事 「手形式」

        IMG_1289  

先日、坂町N様邸新築工事の「手形式」を行いました。

皆さん 初めての手形式を楽しみながら押して頂きました。

 

IMG_1293 IMG_1297

ご主人も力強く、くっきりと押して頂きました。(お見事!!)

さきほどから、Kちゃんも手形に興味津々です。

 

 

IMG_1301

いよいよKちゃんの番です。

まわりの大人達はもうドキドキです、、、。

 

 

 

IMG_1304

みなさん一斉に体制を取りながら、、、、、パァッと!

 

 

 

IMG_1309

見事なかわいい手形を押せましたね、バッチリです!

家の記憶になる「家族の手形」、、、、無事に成功しました。

暑い中、みなさん、ありがとうございました。

 

 

 

この記事の投稿者: shinsuke

ホーム > 現場レポート

Return to page top