ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > 未分類

未分類 Archive

薪ストーブのある生活

Dsc_0151

現在施工中の物件に、薪ストーブが入りました!
お施主様が選ばれたのは、ベルギー製のドブレ640CBJです。
数ある薪ストーブの中でも、メンテナンスのし易さに定評のある機種です。
天板が広く取ってあるので、お料理も楽しめそうですね。
また、全面のガラス面を大きく取ってあり、炎がよりきれいに見える工夫もされています。

薪ストーブは、南側、広い土間に設置しました。
ストーブの向こう側には高台からの景色が広がり、框に腰かけて薪ストーブの炎を見ながらまったり出来そうです。

Dsc_0197

2/18(土)19(日)25(土)26(日)にこちらの物件で見学会を行います。
薪ストーブも実際に火入れを行うので、薪ストーブの興味のある方、薪ストーブを設置したいけど悩んでいらっしゃる方も、参考になると思いますので是非ご来場下さい。

kenngakukaihpyou

この記事の投稿者: mikido

手形式

先日、N様手形式を行いました。

N様、手形式は2回目。今回は新しいご家族の手形を取らせていただきました^^

とっても小さな手で可愛い。。

ダイニングテーブルにゴロンと寝かせ、ミルクを飲ませつつ、洋服の袖を捲り、赤ちゃんの手に朱墨液を塗るというチームプレー。笑

DSC_0200

私は、墨液を塗って手形を押すという大役を任せていただいたのですが、赤ちゃんって手のひらに物が当たると手握るじゃないですか。

一生懸命墨を塗ろうと手を広げるんですけど、私の手を握っちゃうんですよね。。

おかげで私の手形式かな?ってくらい真っ赤っかになっちゃいました。笑(※注:服はもともとオレンジ色です)

そんなこんなで何とか小さな手に朱墨を塗り、以前ご家族が手形を押した杉板にペタッと仲間入り。

上手に手形を押せました!

完成した手形板は、2階のよく見える場所に飾らせていただきました。

ご主人様と奥様が、やっと家が完成した!と言われており、手形式やって良かったなーと思いました。

S__11214850

ご家族4人の手形も揃い、新しい生活のスタートですね!

N様のお子さんが大きくなった時、この手形を見ながらお家づくりの思い出話をしてあげてください^^

 

この記事の投稿者: fujimoto

つばき と さざんか の違い

よく似ていて混同される「つばき」と「さざんか」の違いをまとめてみました。

0.302 005 d0003725_13143014
▲これは「つばき」             ▲これは「さざんか」
これから花が咲くのはつばき。        今花が咲いてるのはさざんか。
はっばがツルッと丸いのがつばき。      はっぱがギザギザしてるのがさざんか。
枯れるとつばきは花ごと落ちる。       さざんかは花びらがはらはらと散る。
大木になるのはつばき。           中木で、生垣なんかに使われるのはさざんか。

 

つばきもさざんかも、お庭の緑が減る冬の時期にこそ映える樹木です。
和風庭園のイメージがあるせいか、最近のおうちにはあまり植えられることが減りましたが、近年ではバラのような八重咲の園芸品種も多く出回っているので、冬場のにぎやかしに1本いかがでしょうか? 

この記事の投稿者: mikido

古民家改修大改造

20170113-1

20170113-2

N様邸古民家改修が着工しました。

中の壁を撤去して分かる内部のこと。

未だ使えると思っていた柱や土台が実は腐っていたり、またその逆も。

長い年月の間に改築を繰り返すことで、柱同士が複雑にからみあっていたり。

そのおかげ(?)で、抜こうと思っていた柱が抜けなかったり、逆に抜くことが出来てしまったり。

古い建物の改修はなかなか「ハイ、出来ました!」とはならないのです。

しかし、せっかく大改造を施すのだから、ご依頼頂いたお客様が快適に暮らせるようなご提案をさせて頂こうと思っています。

改修の様子はこちらのブログで随時お知らせいたします。

この記事の投稿者: mikido

WOODPROへ行ってきた

今年の私の番はこれで最後、どうも藤本です。

最近めっきり寒くなりましたね。

そろそろ雪降るんじゃない?そろそろクリスマスじゃない??!

ということでリビングに飾るオーナメント買いました!

前々から行ってみたかった「WOODPRO」ってとこで買いました。

img_9972

WOODPRO には建設現場で使っていた杉の足場板をリユースして作った家具などが売られています。

お店の中の棚や階段なども足場板を使ったもののようです。

img_9877

 

 

 

 

 

 

img_9879

杉は凹みやすかったり傷つきやすかったりしますが、その傷に塗料が染み込んでいたりしてなんだか味わいがあり私は好きでした。

母がちょうどリビングのサブテーブルと椅子を探していたので一緒に行ったのですが、

母も気に入ったらしくオーダー用のシートを色々手に取っていました 笑

椅子は座面に布が貼ってあってとても可愛い^^

こんな椅子探していたのですが、いいなと思ったものはどれも一脚2万円とかして。。

でもここの丸椅子は9千円とかで買えるという!!

img_9892

↑ どの色を組み合わせて買おうか迷い中。。。

 

家具の他にも、照明、日用品、食器類、カフェなどありワクワクしました!!

img_9881

 

 

 

 

 

img_9890

 

踏まれ、釘が刺さって傷つき、ペンキで汚れた足場板は普通なら捨ててしまします。

でも、それが逆に味わい深く温かみあるものに変化していて驚きました。

時間があまりなく、ゆっくり見ることが出来なかったのでまた行きたいです。

週末はDIYイベント等もしているみたいですよ。ちょこちょこ通いたいなーと思います。

 

ではでは、だいぶ早いですがメリークリスマス!!、そして良いお年を~。

この記事の投稿者: fujimoto

こたつでみかん

12月入りましたね!今年もあと一ヶ月……

最近寒くて朝が起きれません。

どうも、藤本です。

 

とうとう?やっと?我が家、こたつを出しました!

こたつ、、、こたつといえばみかんでしょ!!!

もちろん我が家にもみかんが常備されて……いなかった。

1箱あったのに、こたつを出す前に食べ切ってしまいました。。我ながらすごい消費量。残念。。

 

ところで、冬=こたつ=みかんと連想するのはなんでだろう?

調べてみました。

漫画やアニメがルーツと思っていたのですが違ったみたいです。

 

・昔は暖を取る暖房器具と言えばこたつだった

クーラーやストーブもあまり普及していない時代だとやはりこたつが身近な暖房器具だったんですねー。

こたつの誕生は室町時代だと聞いたことがあります。

そりゃストーブもクーラーもないわ!

と言っても、そんな昔から「こたつ=みかん」方程式があったようには思わないので、

広まりだしたのは電気こたつの誕生、つまり昭和30年以降の話かなーと。

 

・冬にはみかん!

みかんは秋から冬にかけてが旬。

昔は今のように温室みかんがあったわけでもないので、秋冬にしか手に入らなかったみたいです。

さらに、みかんにはビタミンCが豊富で風邪の心配が増える冬にぴったり!

さらにさらに、手軽に食べられる!

こたつに長時間いると大量の汗をかいて脱水症状になってしまうのだとか。

そんな時みかんがあれば安心!?

「こたつにリンゴ」だったら皮をむかないとですし、

そんなこんなしてたらカラッカラになっちゃいますねー。

 

まだまだ理由はあるかと思いますし、はっきりした理由はないみたいですが

昔の人の生活の中で自然と「こたつでみかん」が広がっていったんでしょうね。

上記のことだけを考えても「こたつでみかん」、納得です。

 

ということで、この冬も「こたつでみかん」で乗り切りましょう〜!!!

 

 

1つだけ余っていたみかんで遊んでみた。

img_9856

こたつonみかんこたつonみかん  

ではでは(^^)v

この記事の投稿者: fujimoto

11/12(土)13(日) 完成見学会 開催

2facee77030d6979b0a4529a70b60113

11/12(土)13(日)安芸郡坂町にて新築工事の完成見学会を開催します。

当日は見学会と同時に、パッシブデザイン・ZEH講習会や資金計画講習会も開催しております。

 

 

image1

 

2日間限定ですので、ご興味ある方はぜひ、参加をお待ちしております。

見学会はご予約制になっていますので、問い合わせにてご予約ください。

この記事の投稿者: shinsuke

その後のひとこまからその1

住宅の引き渡し後施主のお宅にお邪魔させていただく機会があります。

生活をされる中で素敵にアレンジされていたり、

家の歴史が深まっていたりその都度様々な発見があります。

 

玄関の壁に設けた飾り棚ですが、設計で建物全体の雰囲気と合わせ、

白いすっきりとした壁に鼻先を少しシャープに加工した無垢のタモ材の板を取付ました。

板の質感とその上に飾られた白いウサギの置物が素敵でした。

img_3334

 

こちらは、

階段の上がり途中に正方形の開口を3カ所あけています。

窓がとれない間取りのため、廊下への明かり取りを兼ねつつ壁面のアクセントとしました。

こちらは白い開口とその中に置かれた木製の置物のコントラストが素敵でした。

img_6019

このように生活を楽しまれる工夫を見させていただけたり

家を大切にしていただいているとお聞きできることは、

本当に幸せなことでいつもありがたいと感じております。

この記事の投稿者: takaya

屋上をラグジュアリーに、、、

img_6497

以前から屋上の活用方法について、ラーバンでも屋上庭園(屋上緑化)などの取り組みを進めてますが、

新しい屋上での過ごし方、楽しみ方の可能性を求めて、住宅の見学に行きました。

 

img_6457

屋上の過ごし方の提案で、ソファ、テーブル等が備えついてます。

埋込式のバーベキューセットなどがあり、家族だけでなく、ご友人なども一緒に楽しめる場が生まれます。

img_6490

そして、コーナー一角には、なんとジャグジー付きバスがセットしておりました。

ラグジュアリーな休日の過ごし方が楽しめそうです。

 

img_6485

普段、屋根は雨から屋内を守る外部の存在でしたが、屋根(屋上)をデザインする事で、様々なライフスタイルを楽しめる可能性が広がる空間に変身すると思います。

(お庭が確保できない立地にも、最適な提案だと思います。)

これからも新しい屋上での過ごし方、楽しみ方の可能性を求めて、ご提案を進めていきます。

この記事の投稿者: shinsuke

ゾンビに襲われた時に必要な標語。

もうすぐハロウィンですね!
街に仮装したパーリィピーポーが溢れる季節となりました。
そんなパリピな皆様に人気なのがゾンビメイク。
巷の噂では、そのゾンビメイクの集団の中に実が本物が紛れているとかなんとか。
今日はそんなゾンビについて考察した某科学研究所所長の研究結果を引用して語ってみます。

 

そもそもゾンビは何故人間を襲うのか。
生き物は死ぬと細胞は酵素の力で自家融解を起こします。
本来ならゾンビも放っておけば細胞が自家融解を起こしてグズグズに溶けてしまうはずなんだけど、ゾンビの皆さまは元気に(?)走り回っていらっしゃる。
ちなみに、生きている生物はそれを抑制する酵素が働いているので融解しません。
それを考えるとゾンビが生きている人間を襲うのは、生きている人間から自家融解抑制酵素を貰うためなのではないか?という説。
だがそうすると咬まれた人間がゾンビになってしまうのは、ゾンビ自身にとって困った事態である。
人間を全部を食べてしまえばいいけれど、ちょい咬みだけでして開放してしまうと、少ししか抑制酵素を貰えない上に食べる側のゾンビが増えてしまうのだ!

 

ここでちょっと計算してみよう。
人間は通常平均して1日に1.6kgの食物を食べるという。
ゾンビも人間並みに食べなければ融解抑制酵素が働かない=死んでしまう(元々死んでいるけど)として、人間の体重を老若男女平均して50kgとしたらば、生きた人間が1人いれば31人のゾンビが1日生き延びられる。
ゾンビ映画を見ているとあれよあれよと大増殖しているけれど、最初の31人だけで1日1人の人間を仲良く分け合えば、計算上1600万年生きることが出来るのである。
人類はつつがなく子孫を増やし続け、ゾンビ達は永遠に食糧問題に悩まされずに済む。

 

しかし、各ゾンビが1日に一人づつ齧ってしまえば、翌日にはゾンビ人口62人、翌々日には124人と倍々ゲームで増えていく。
そうすると、約28日で全人類がゾンビになってしまう。
融解抑制酵素が貰えなくなったゾンビは自滅するしかない。
永遠と28日。その差は無限大である!

 

もしあなたがゾンビになったら、腐りかけの脳みそで下記の標語を思い出して下さい。
「生きた人間は限りある資源!残さず食べよう!!」

この記事の投稿者: mikido

ホーム > 未分類

Return to page top