ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > 日記

日記 Archive

旧中筋家住宅

こんばんは。

最大で9連休だった今年のゴールデンウィークでしたが、みなさんはいかがお過ごしになりましたか?

僕は5連休を利用して近畿地方へ行ってきました。

そこで今回は近畿旅行の際に訪れた「旧中筋家住宅」を紹介しようと思います。

 

1852年に建築され、現在は国の重要文化財にも指定されている旧中筋家住宅ですが、一般公開され始めたのは7年前なので割と最近の出来事と言えます。

東面が熊野古道に面した約2200㎡と広大な敷地には、主屋の他に3つの蔵や茶室があるなど、大庄屋らしさを感じる敷地構成となっています。

 

DSC_0062 DSC_0160

 

立派な表門を通ると正面に構えている主屋が見えます。

この主屋は一部が3階建てとなっており、3階にある十畳の部屋からは東西に雄大な山々が見えるそうです。

通常は一般公開されていないので残念ながら今回はその景色を見ることはできませんでした。

DSC_0159

 

主屋の縁側から望める池は、左半分が亀・右半分が鶴に見えるような工夫が凝らされています。

言われてみて初めて気づきますね。

DSC_0067 DSC_0068

 

こちらは熊野古道に面した東側です。

軒の荷重を支えるための柱には皮を剝いていない状態の丸太を利用しています。

皮付き丸太越しに見える庭や茶室に趣きを感じます。

DSC_0091 DSC_0094

 

こちらは縁側の床板ですが、上半分と下半分の材質が異なっているのが分かるかと思います。

これは建物の補修工事を行った際にできる限り古材を残そうという考えがあり、最小限の部分だけ新しい材でやりかえたためです。

この箇所以外にもこういった補修方法が多く見受けられたので、非常に大変な補修工事だったことが想像できます。

DSC_0084

 

こちらは二十畳ほどの広さがある大広間です。

天井には大正時代に取り付けられた和風シャンデリアが復元されています。

ちなみに時々この大広間を利用して近所の小学生がお茶会を開くこともあるそうです。

この空間でお茶をするなんて羨ましい話ですね。

DSC_0086

 

こちらは敷地内にある茶室です。

この茶室には躙り口がなく、正面に一旦腰かけてから中へ入るようになっています。

軒裏や外壁には杉の皮が使われており、内部の柱や竿縁は皮付き丸太で統一されているなど、質素ではありますがこだわった空間であることが伝わってきました。

DSC_0141 DSC_0130

 

今回たまたま通りかかった「旧中筋家住宅」ですが、見ることができて非常に良かったと思います。

また機会があれば重要文化財に指定されている他の古民家も見に行きたいと思います。

この記事の投稿者: wasaki

我が家のデッキ

こんばんは!

ゴールデンウィークも終わってしまいましたね…これから夏に向かってグググンと気温も上がっていくのかな!

お休み前半はいい天気で気持ち良い日が続きましたね。

そんなGW初日はというと、私は我が家のデッキの解体工事をしてもらうということで朝からそわそわしていました!職人さん熱い中ありがとうございました!

写真 2017-05-03 11 25 19

家が建った時カーポート代わりにつけたもので、かれこれもう20年以上お世話になっているデッキです(^^;)

小さいときはプールを出して近所のお友達と遊んだり、デッキの柵にしがみついて一輪車の練習をしたり、家族でわいわいBBQしたり、、、思い返すといろんなことが浮かんできます。

毎年この時期に父、母、弟、おじいちゃん、おばあちゃんまで家族総出でペンキ塗りしていたのですが、さすがにもうボロボロで。。

今では床が抜けてしまってるとこもあったのであまり近寄れず、布団干場になっていました(笑)

いよいよホントに危ないぞ!ということで解体してしまおうと考えたのですが、

やっぱり当初からあったデッキで家の外観の一部というか、なくなったら寂しいので何とか残したいよねと家族と話していました。

ここは代表に相談だ!と相談してみると残せる部分は残して新しくやり替えようということに!

で、とりあえずは床を剥がしてみないことには全貌が見えてこないので剥がしてしまって、今に至るということです。(剥いでみると傷んでいるところがよーくわかる 笑)

写真 2017-05-04 8 28 19

工事はまだまだこれからですが、私が乗ってもビクともしないデッキに生まれ変わるのが楽しみです!!(笑)

出来上がったら家族皆で久々にBBQしたいなー。

 

この記事の投稿者: fujimoto

春がきた!

こんにちは。

三寒四温、寒暖の差が激しいですね。

4月に入り、入社して丸一年過ぎました。今年度も何事にもタフに精進してまいります!

 

桜もだいぶ咲きはじめ、5分咲きと言ったところでしょうか。

道端や田んぼの畔にふと目をやるとここにもちょっとした春を見つけたのでご紹介。

 

シロツメクサ。懐かしいです。小学生の頃はひたすら摘んで花冠を作っっていました。

写真 2017-04-05 13 11 51

カタバミ。小さな黄色い花です。ちょこちょこいろんなところで見かけます。

写真 2017-04-05 13 12 25

続いてはすみれ!すみれと言えば朝の連ドラ「べっぴんさん」ですよね~(笑)

写真 2017-04-05 13 14 30

ラーバン事務所でも見つけましたよ。オオイヌフグリとキュウリグサ。

青くて見落としてしまいそうなくらい小さな花です。

写真 2017-04-05 15 18 10  写真 2017-04-05 15 19 34

最後に春と言えばたんぽぽ!と言いたいところだが葉っぱが違う?きがする。。(どなたか教えてください~)ぽつんと一つだけ咲いていました。

写真 2017-04-05 13 11 25

いつも桜など上ばかり気にしていましたが、足元からも春はやってきているようです!

たまには下を向いて道端の野草を見つけるのもいいかもしれないですね^^

この記事の投稿者: fujimoto

薪ストーブでぽかぽかほっこり

先日、東広島の絶賛見学会中のお家で薪ストーブの火入れ式を行いました!(次の見学会日程:2/25(土).26(日))

写真 2017-02-18 15 49 10

今ひそかなブームなのでしょうか?見学会中たくさんの方が薪ストーブをお目当てにお越しくださりました。

私も薪を組んで火をつけるところから、部屋全体が温まるのまで体感するのは初めてで、終始薪ストーブの事が気になっておりました(笑)

火のつけ方をずっと聞いていたのですが薪ストーブは奥が深く面白いですね。

空気をコントロールするレバーが2つあって、それをうまーく使いこなすとじわ~っといつまでも暖かく保たれるのだとか。

他にも、室内を正圧に保たないと煙が逆流しちゃうから……フムフムと聞きながらも、実際に自分でやってみないとコツを掴めそうにない。。よし、事務所の薪ストーブで特訓します!

写真 2017-02-18 15 24 33

お施主さんであるご主人はロッキングチェアを買われたらしく、ストーブの前に置いてコーヒーを入れながら楽しむんだそうです。

奥様も「いいね!すごいね!」とにこにこされていて私までほっこり^^

 

薪ストーブは薪を手に入れるのが大変そう、ストーブに付きっ切りになりそう、と思っていました。(笑)

…が、今回体感することで、ホントに体の芯から暖まるし、薪ストーブの火の調節など面白さを知ることができ、私も欲しくなりました。

家族のだんらんにはもってこいだし、料理で使うという楽しみ方もできるなー。

将来は土間と薪ストーブのある家に住みます!!

 

そんな素敵な「土間と薪ストーブのある家」ご覧になりませんか^^?

2/25(土)、26(日)見学会を開催しております。

お施主さんのご厚意で、この2日間もストーブを焚かせていただきます。土間、薪ストーブ等ご興味ある方はぜひ覗きにいらしてください!

ご予約はコチラから→http://rurban-design.jp/blog/event/7843

この記事の投稿者: fujimoto

つばき と さざんか の違い

よく似ていて混同される「つばき」と「さざんか」の違いをまとめてみました。

0.302 005 d0003725_13143014
▲これは「つばき」             ▲これは「さざんか」
これから花が咲くのはつばき。        今花が咲いてるのはさざんか。
はっばがツルッと丸いのがつばき。      はっぱがギザギザしてるのがさざんか。
枯れるとつばきは花ごと落ちる。       さざんかは花びらがはらはらと散る。
大木になるのはつばき。           中木で、生垣なんかに使われるのはさざんか。

 

つばきもさざんかも、お庭の緑が減る冬の時期にこそ映える樹木です。
和風庭園のイメージがあるせいか、最近のおうちにはあまり植えられることが減りましたが、近年ではバラのような八重咲の園芸品種も多く出回っているので、冬場のにぎやかしに1本いかがでしょうか? 

この記事の投稿者: mikido

今日のできごと。

本日は、ラーバンへ広島中等教育学校の生徒さんが職場訪問にいらっしゃいました!

進路意識の向上のために様々な職業について調べていらっしゃるようです。

家づくりを進めていくプロセスや、お客様との打合せの仕方、ラーバンが家づくりで大切にしていることなど代表と私でお話しすると、

ぴしっと正座をして、うんうんと相槌を打ちながら聞いてくださいました。

特に3Dのプレゼンシートや模型には興味津々。

20170125_170125_0016

事務所内もぐるっと案内し、もちろんラーバンご自慢の茶室も。

渡り廊下(?)がガラスで下が丸見えのため恐る恐る渡るも、写真をパシャパシャ撮ったりと楽しんでもらえた様子。

20170125_170125_0001  20170125_170125_0011

ずーっとにこにこしながら話を聞いて下さりとても良い生徒さん達でした。

最後には皆で記念撮影もしましたよ!(こうやって並んでみるとやっぱ中学生って若いなー笑)

20170125_170125_0023

数ある建築士事務所の中からラーバンを見つけてくださって感謝です。

少しでも将来の進路を決めていくうえでのお役に立てたかな。

また、近くを通った時などぜひ遊びにいらしてくださいね!

この記事の投稿者: fujimoto

大寒波襲来

こんにちは。

2017年も3週間目に入りましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

僕は三が日こそ暖かく過ごしやすかったのですが、最近は気温が低いため外出するのが億劫です。

しかも14日頃からは日本列島に数年に一度の大寒波が押し寄せ、各地で雪が降るなど一層寒さを増したため、益々外に出たくなくなりました…

広島でも土曜日から雪が降り続き、月曜日には33年ぶりに市内での積雪量が19センチを記録するなど、本格的な冬到来という感じですね。

そんな本格的に冬が到来した日本列島各地の雪景色について、今回のブログでは書きたいと思います。

 

まずは広島。

原爆ドームや厳島神社がいつもとは全く異なる姿を見せています。

鹿も寒そうですね…

Screenshot_20170116-162457 (1) Screenshot_20170116-150403

 

次に京都。

さすがは金閣寺と清水寺。

とても神々しくて綺麗ですね。

圧倒されます。

Screenshot_20170116-150354 Screenshot_20170116-150348

 

最後に岐阜県の白川郷。

こちらは元々雪のイメージがあるので特に変わった印象は受けませんが、相変わらず魅力的な風景です。

一度は訪れたい場所ですね。

Screenshot_20170116-164722

 

雪が降った場合、通勤や交通機関の利用等で不便は生じますが、普段とは違った景色を見ることができるのでたまには良いかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事の投稿者: wasaki

2017年 酉年!

2017年、年が明けました。

本年もよろしくお願いいたします。

img_0121

今年は酉年ですね。

酉年の方〜?

はーい( ^ ^ )/

私、藤本今年は年女でございます。

 

ふと、気になって私の生まれた年を調べてみるとこんなことがありました。

 

法隆寺・姫路城・屋久島・白神山地が世界自然遺産に登録された年。

これらは日本では初の世界遺産登録だったようです。

小・中学校で世界遺産の勉強をしましたが、

白神山地はブナの原生林が世界最大規模っていうのを異様に覚えています。笑

私の生まれた年に世界遺産登録されたっていうのは初めて知りました!

他にも、「サッカーJリーグ開幕」や「レインボーブリッジ開通」された年でもありましたよ。

 

ところで、酉年ってどんな意味や由来があるんですかね?

よくバタバタ貧乏とかって言われてますけど…

巳はお金が貯まるとか聞いたことあるし、寅はイメージ的にかっこいいし。

酉…ニワトリ……ニワトリと言えば……うん、おいしいよねー。鶏肉好きです。

 

っではなくて、「酉」の意味ですよね。

 

諸説あるようですが、「酉」という字は酒壺の形象文字が変化してできたのだとか。

確かに、「酒」という感じには酉へんが使われていますね。

ではなぜ酒なのか。

昔、月を表すのに10番目の月を「酉」を使って表していたみたいです。

10月は収穫したての新米を使って酒造する時期、また昔は酒造年度が10月1日からと定められていたのだとか。(ちなみに10月1日は酒の日です!)

 

これらのことからお酒を作ったり収穫したりということで、果実が成熟した状態を表し、実りのある年と言われています。

また、酉にはいい事やお客さんを「取り込む」、商売繁盛につながる年でもあるようです。

どこがバタバタ貧乏なんだ!!笑

思っていたよりいい事が書かれていて安心しました。

 

 

さあ、もう直ぐラーバンに入社して1年。色々と経験させていただき感謝です。

今までやってきた事が報われるよう、年女藤本、実りある1年にします!!

この記事の投稿者: fujimoto

JR廿日市駅

こんにちは。

もうすぐ2016年も終わりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

年内最後のブログということで何を書こうかと悩みましたが、今回はJR廿日市駅について書こうと思います。

廿日市は事務所のある五日市からJRで一駅と近い場所にあるため、最近何度か行く機会がありました。

そして廿日市に行った際に、駅が新しくなっていたことに気づいたので少し紹介したいと思います。

 

dsc_0258_2

こちらは外観の写真です。

見て頂くと分かると思いますが、構造体に木材が使われています。

さすがは“木材の集まる町”廿日市ですね。

 

dsc_0253_2 dsc_0254_2

こちらは改札口と階段廻りの写真ですが、やはり内部にも木材が使われています。

木の温もりとダウンライトや間接照明の柔らかさが相まって、とても良い雰囲気の空間になっています。

 

数年前に来た時には特に印象に残らない駅だった廿日市駅ですが、この度の改修工事で魅力的な駅に生まれ変わっていました。

駅の北口には大きなマンションやフジも新築されているので、廿日市の今後の発展に注目していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

この記事の投稿者: wasaki

ショールーム見学 – LIXIL編 –

日曜日はお客様の同行でショールームへ行ってきました。

お伺いしたのはLIXILさんで、住宅設備(キッチン、お風呂、トイレ、洗面台)をお決めになる為です。

1219-1 1219-2

1219-3 1219-4

ショールームは、実際の商品を見て触って体感出来る所です。

住宅設備は日々進化をしており、訪れるたびに驚きがあります。

また、決める事項が以外に多く、実は大変です。

キッチン、お風呂、トイレ、洗面台の4種で2時間ちょっとお時間を見て下さい。

今回同行したお客様も、この日に決めきれない事項がいくつか出てきました。

ショールームで決めたからと言って、それが絶対というわけではありません。

ギリギリまで変更は効きますので、「やっぱり・・・!」と思ったら、担当者へご連絡下さい。

ギリギリの期限は、コーディーネーターから「そろそろ変更効きませんけどこれで発注しても大丈夫ですか?」とお伺い致しますのでご安心下さい。

 

皆様がよく悩まれる点を挙げてみました。

これからショールームへ行かれる方の参考になれば幸いです。

 

・キッチンに食洗器を付けるなら容量はどうする?

・キッチンにゴミ箱はどこに置く?

・換気扇の掃除は好き?嫌い?

・トイレは掃除し易い?

・お風呂のデザインはどうする?

 

大抵のシステムキッチンの食洗器は、深型と浅型があります。

深型と浅型の容量にそんなに違いがないところが悩ましいところ。

またゴミ箱は、キッチン収納にゴミ箱がセット出来るものやゴミ箱スペースが空いているものなどあります。

収納することに目が行って、ゴミ箱のことを忘れないで下さい。

そして、換気扇!

換気扇の掃除が簡単になればなるほど値段は上がります。

お掃除の仕方をよく聞いて、自分が頑張れる程度の換気扇をお選び下さい。

 

タンクのあり・なしや、別途に手洗いを設ける・設けない、お掃除の仕方など、実は奥が深いです。

特に、お掃除の方法に関してはよく聞いておくことをお勧めします。

そして、以外ですが機能よりもデザインで揉めることが多いお風呂。

お部屋と同じく、お風呂のデザインもご家族でよく話し合っておいた方がよいと思います。

キッチンは奥様の城なので旦那様としてはあまり口を出すことはあまりないのですが、お風呂は自分もお使いになる分、ご夫婦でご意見が割れる傾向があります。

洗面台も一緒で、奥様に優しいタイプか、旦那様が使い易いタイプか、お子様も使い易いかどうか、なかなか揉めます(笑)

そういう時は、コーディネーターかショールームスタッフへ遠慮なくご相談下さい。

 

 

 

 

この記事の投稿者: mikido

ホーム > 日記

Return to page top