ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > 日記 > ショールーム見学 – LIXIL編 –

ショールーム見学 – LIXIL編 –

  • 2016-12-19 (月) 20:55
  • 日記

日曜日はお客様の同行でショールームへ行ってきました。

お伺いしたのはLIXILさんで、住宅設備(キッチン、お風呂、トイレ、洗面台)をお決めになる為です。

1219-1 1219-2

1219-3 1219-4

ショールームは、実際の商品を見て触って体感出来る所です。

住宅設備は日々進化をしており、訪れるたびに驚きがあります。

また、決める事項が以外に多く、実は大変です。

キッチン、お風呂、トイレ、洗面台の4種で2時間ちょっとお時間を見て下さい。

今回同行したお客様も、この日に決めきれない事項がいくつか出てきました。

ショールームで決めたからと言って、それが絶対というわけではありません。

ギリギリまで変更は効きますので、「やっぱり・・・!」と思ったら、担当者へご連絡下さい。

ギリギリの期限は、コーディーネーターから「そろそろ変更効きませんけどこれで発注しても大丈夫ですか?」とお伺い致しますのでご安心下さい。

 

皆様がよく悩まれる点を挙げてみました。

これからショールームへ行かれる方の参考になれば幸いです。

 

・キッチンに食洗器を付けるなら容量はどうする?

・キッチンにゴミ箱はどこに置く?

・換気扇の掃除は好き?嫌い?

・トイレは掃除し易い?

・お風呂のデザインはどうする?

 

大抵のシステムキッチンの食洗器は、深型と浅型があります。

深型と浅型の容量にそんなに違いがないところが悩ましいところ。

またゴミ箱は、キッチン収納にゴミ箱がセット出来るものやゴミ箱スペースが空いているものなどあります。

収納することに目が行って、ゴミ箱のことを忘れないで下さい。

そして、換気扇!

換気扇の掃除が簡単になればなるほど値段は上がります。

お掃除の仕方をよく聞いて、自分が頑張れる程度の換気扇をお選び下さい。

 

タンクのあり・なしや、別途に手洗いを設ける・設けない、お掃除の仕方など、実は奥が深いです。

特に、お掃除の方法に関してはよく聞いておくことをお勧めします。

そして、以外ですが機能よりもデザインで揉めることが多いお風呂。

お部屋と同じく、お風呂のデザインもご家族でよく話し合っておいた方がよいと思います。

キッチンは奥様の城なので旦那様としてはあまり口を出すことはあまりないのですが、お風呂は自分もお使いになる分、ご夫婦でご意見が割れる傾向があります。

洗面台も一緒で、奥様に優しいタイプか、旦那様が使い易いタイプか、お子様も使い易いかどうか、なかなか揉めます(笑)

そういう時は、コーディネーターかショールームスタッフへ遠慮なくご相談下さい。

 

 

 

 

この記事の投稿者: mikido

Comments:0

よろしければコメントお願いします

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://rurban-design.jp/staffblog/archives/4994/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ショールーム見学 – LIXIL編 – from ラーバンのスタッフブログ

Home > 日記 > ショールーム見学 – LIXIL編 –

Return to page top