ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

Home > 未分類 > おすすめシンボルツリー

おすすめシンボルツリー

ラーバンのお庭番長、幹戸が超個人的おすすめシンボルツリーをご紹介。
今回ご紹介するのは、『アオダモ』です。
野球好きの方ならご存じかもしれませんが、バットの原料になる木です。
先日のオールスターゲームでも、オープニングセレモニーとしてアオダモの植樹が行われました。

 

しかし、アオダモと言っても、ほどんどの方がご存じではない地味な木です。
花は咲きましすが、人気のハナミズキやサクラに比べて地味~なもんです。
しかし、その性質を知って頂ければ必ずお気に召して頂けるはず!

aodamo (1)

■アオダモの特徴
アオダモは、日本全国に自生する雑木です。
主に谷筋などで生活しています。
名前の由来は、青い染料が取れることや、幹が青みががって見えることなどから付きました。
もともと日本にある樹木なので、害虫や病気に強く、暑さ寒さにもよく耐え、根付きさえすれば少々乾燥しようがおかまいなしに成長します。
成長と言ってもぐんぐん大きくなるタイプではなく、至ってマイペース、しかも自分で樹形を整えるので剪定もあまり必要ではありません。
一般家庭では、この害虫に強いというのが非常に重要だと思います。
個人的見解ですが、地味なので害虫も素通りするのかもしれません。
でも、そこが良いのです!(NO害虫)
花期は5月頃、白くてふわ~っとした煙のような花を咲かせます。
落葉樹なので、11月下旬に紅葉して葉が落ちます。(時々、枯れた!と慌てる方がいらっしゃいますが、翌春には新芽が出るのでご安心下さい。)
暑さによく耐えると書きましたが、元々谷筋育ちなので、暑さには耐えても直射日光には耐えられないことがあります。
なので、植えるとしたら、南側や西側の日光がガンガンに差す場所は避けて、明るい北側や東側などにすると良いでしょう。
繁殖は種で増えるので、植えて数年すると、アオダモの足元にミニアオダモが生えていることも。
そんなミニアオダモを盆栽仕立てにする楽しみもあります。

aodamo (2) aodamo (3)

↑アオダモの花と幹。

お家を引き立てるシンボルツリー。
どんなものを植えると良いのか悩まれる方もいらっしゃるかと思います。
ご参考になれば幸いです。

この記事の投稿者: mikido

Comments:0

よろしければコメントお願いします

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://rurban-design.jp/staffblog/archives/4007/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
おすすめシンボルツリー from ラーバンのスタッフブログ

Home > 未分類 > おすすめシンボルツリー

Return to page top