ラーバンのスタッフブログ

一級建築士事務所ラーバンのスタッフブログ。

島根県飯石郡古民家再生

こんにちは。

先週辺りから気温が下がり、肌寒い日が続いておりますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?

僕は涼しくて比較的過ごしやすいこの時期は好きではあるのですが、残念ながら毎年風邪気味になってしまうので苦手な時期ではあります、、、

みなさんは風邪を引かないようにお気をつけてください。

 

さて、今回は以前ブログでもご紹介した築90年の島根県飯石郡の古民家についてご紹介しようと思います。

これまで中々ブログでご紹介することが出来ませんでしたが、4月に現地調査を行って以降打ち合わせを重ねて、7月から工事を開始していました。

現在は木工事も終わりに近づいている状況で、今月中には内装工事に入る予定となっています。

ここからは主に解体後の写真とともに現場の状況をご紹介します。

 

こちらは元々和室でしたが畳と下地を撤去した状況です。

築90年も経過していたため、床は抜け落ちていて使い物にならない状態でした。

きちんと下地から組みなおしていきます。

IMG_1484 1503028457814

 

こちらは元々土間だった空間です。

以前は天井があったため梁が見えていませんでしたが、天井を撤去すると古民家らしい立派な梁が現れました。

この空間は新しくダイニングキッチンになりますので、この立派な梁を活かした空間にしていきます。

IMG_1465 IMG_1463

 

こちらは土壁を支えている土台です。

ご覧の通り、シロアリの被害をかなり受けていて朽ちています。

当然新しい木材に取り替えました。

築90年経っているので、どうしてもこういう部分が何箇所かは出てきますね。

IMG_1477 IMG_1514

 

今回は解体後の状況を主にご紹介しましたが、次回のブログの時には工事が完了している予定なので、完成後の写真とともにご紹介できればと思います。

この記事の投稿者: wasaki

酒まつり行ってきました

お久しぶりです。藤本です。

この日曜日に、西条で毎年開かれている酒まつりに初めて行ってきました。

電車内からもう人がいっぱいで、人が多いと聞いていたものの、想像以上で驚きました。

まずはぶらぶらたどり着いたのは酒蔵「福美人」。

IMG_3057

ジャズコンサートをやっていてのんびり聞き惚れました~。

皆さんお酒を手にワイワイ盛り上がっていて楽しい雰囲気でした。

ライブを見た後はお酒とから揚げを手に、再びぶらぶら。

 

そういえば近くに、4歳まで住んでいた社宅があったような…ときょろきょろ歩いていると見つけました!

私の生まれ育った場所。……あれ?人気がない?

IMG_3061

残念なことに敷地内は立入禁止で、今年には取り壊されてしまうらしく廃墟となっていました…

一緒に遊んでたみんな元気かなーなんて思い出しながら、懐かしい寂しい気持ちに。

まあ、最後の見納めができて良かったかな。。

 

 

気を取り直して歩いているとひときわ元気なおじさんの声が。

ワンコインで3種類のお酒が飲み比べできるということで、その言葉に惹かれおすすめ酒を注文。

さっきまでの懐かしい寂しい気持ちはどこへやら(笑)

日本酒を飲みなれない私は、「やっぱり1つは甘いやつで。」と梅酒をチョイス。

IMG_3070

焼きそばを食べながらちびちび飲むお酒は、お祭りの雰囲気も相まっていつもよりおいしく感じられました。

ただ、一番おいしかったのは、大吟醸ソフトクリーム。(やっぱり甘いのが好き (笑))

お酒は飲めるようになったけど、味覚はまだまだ子供ですかね(笑)

 

夕方になり、酒蔵通りも一通り回ったし、帰ろうか…と。

帰りの西条駅は行き以上に混雑。酒臭いぎゅうぎゅうの満員電車にのーんびりゆられて帰りました。

この記事の投稿者: fujimoto

最近の取り組み9

ラーバンでは今パッシブサークル広島に参加させていただいています。

パッシブサークル広島は全4回構成で来週で第3回目となります。

前回、前々回の内容をふまえ今回は課題プランを仕上げ、

日照シミュレーションと外皮計算、室温シミュレーション等を行い検証していきます。

貴重なアドバイスがいただける場でもあり、今後の家づくりに活かしていけるよう

しっかり勉強させていただきたいと思います。

IMG_1505

普段から週に1回社内でもパッシブデザインの勉強会を行い

少しづつですが個々スキルアップしてきていると思います。

IMG_0994

家づくりを検討されている方へも

自分たちの家づくりの思いや、特徴、手法をご説明させていただく機会が

ここ最近多くあり学んだ知識や経験を活かす場となっているようです。

またそういう場を通じて多くの方に共感いただけたのではないかと実感できました。

私は数歩先のことよりも一つ一つ階段を登っていく事、続けていく事を大事と考えます。

それを実践できるよう引き続き、

「快適で省エネ」の家づくりに向けて進んでいきたいと思います。

この記事の投稿者: takaya

住いる博2017 ご来場ありがとうございました。

先日「中国新聞主催 住いる博2017 inグリーンアリーナ」にラーバンも参加しました。

台風の影響もありながらも、二日間の開催で約7800人もイベントに来場されました。

 

image10

 

 

ラーバンは今回初めての出展でしたが、自社ブースコーナーも多くのご来場者さんに来て頂きました。

 

 

image1

 

 

工作体験コーナーでは、お子さんも一緒になって楽しんで頂けました。

 

 

image8

 

 

image7

 

今回のイベントをとおして、より多くの方へ

ラーバンの「パッシブ+ZEHの家づくり」をお伝えできたと思います。

ご来場ありがとうございました

 

 

この記事の投稿者: shinsuke

完成見学会にご来場ありがとうございました

朝夕は涼しくなり、秋を感じ始めましたね。

風が冷たくて気持ちいいです。

 

さて、この度は、2週連続でセントラルシティこころにて完成見学会を行いました。

ご協力頂いたお施主さま、ありがとうございました。

場所も良く、4日間とも多くのご来場者様がありました。

佐々木邸完成見学会 写真_170906_0131

見学して頂いた後に、ゆっくりと家づくりについてのご相談などお話しもお伺いでき、貴重なお時間を皆様からいただけました。

商談中

この度の新しい試みとして、パッシブ手法を伝えるブースを作りました。

ちょっとマニアックかな~、とスタッフ一同不安なところもありましたが、皆様本当に熱心に聞いて頂き、頑張った甲斐があります!

パッシブパッシブ2

 

 

親御さんがお話し中は子供たちは・・・

ワイワイおうち箱作りをしたり、おもちゃで遊んだりと無我夢中♪

佐々木邸完成見学会 写真_170906_0118

 

マスキングテープとお絵かきで素敵な素敵な作品がうまれたり☆彡

天才君

代表の下田が「天才っ子、発掘だ~!」と大喜び(笑)

 

おうち箱にベットを作った女の子は初めてで私も大興奮!!

天才ちゃん

 

ご来場いただいた方々、本当にありがとうございました。

9月末に三次市で完成見学会を行いますので、新たな出会いを楽しみに♪

また、再来される方々にも会えることを楽しみに♪♪

赤井でした~!(^^)!

 

この記事の投稿者: akai

佐伯区S様邸新築工事完成見学会

こんばんは。

相変わらず暑い日が続きますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

くれぐれも熱中症にはお気をつけ下さい。

 

ブログでも何度かご紹介していた佐伯区S様邸新築工事ですが、先日ついに完成致しました。

お施主さんとの出会いから約10ヶ月、工事開始から約6ヶ月と、1年経たないうちでの完成となりました。

その間お施主さんとは何度も事務所や現場で打ち合わせを重ね、お施主さんが納得し満足して頂けるような家づくりをしてきました。

そんなお施主さんの思いやこだわりが反映された住宅を、この度お施主さんのご厚意により、見学会にて皆さんに披露させて頂くこととなりました。

ホームページや新聞・雑誌でもご紹介していますが、見学会は9月2日・3日、9日・10日の二週に渡って開催致します。

見学会は完全予約制となっておりますので、ご来場を希望の方はお電話かメールにてご予約下さい。

すでに沢山の方からご予約を頂いておりますので、興味のある方はお早めにご予約をお願い致します。

それではご予約・ご来場、心よりお待ちしております。

DSC_1877

 

 

この記事の投稿者: wasaki

人生フルーツ

お盆休みに、「人生フルーツ」というドキュメンタリー映画を観てきました。

樹木希林さんのナレーションで始まります。

『風が吹けば枯葉が落ちる

枯葉が落ちれば土が肥える

土が肥えれば果実がなる

こつこつゆっくり。人生、フルーツ。』

映画を観進めて行くうちに段々とこの言葉の意味が分かってきます。

建築家夫婦、津端修一さん、英子さんの物語なのですが、まさにこのご夫婦の生活を丸っとまとめた言葉だと思いました。

doc04565220170821195403-01

 

かつて、修一さんは日本住宅公団の社員。戦後の無機質でありきたりの集合住宅に頭を悩ませたそうです。

ニュータウン内に雑木林を残し、風の通り道を作る。という夢の計画をするも、経済優先の時代で中々思ったような計画が進まない。

それなら、、と、修一さんはニュータウン内に土地を買い、雑木林を育て、英子さんと暮らし始めます。

そして、ここが「人生フルーツ」の舞台、津端家となるのです。

 

「できることは何でも自分で。」修一さんの言葉です。

お孫さんに「シルバニアファミリーが欲しい!」と言われれば、大きなドールハウスを全て木で作ってしまう修一さん。

 

「できること」を見つけてコツコツやれば時間はかかるが何かが見えてくる…

 

英子さんもこの言葉を受け止め、何でもご自分でやります。

家の畑ではなんと、70種類の野菜、50種類のフルーツが育てられ、英子さんの手によっておいしい料理に生まれ変わります。

ジャムだって、梅干しだって、燻製ハム(?)だって作っちゃいます。

障子の張替えももちろん自分で。

 

「できること」には、今の自分ができていること。今はできないけど時間をかけてコツコツやればできるようになること。誰かのために自分がやってあげたいと思ったこと。次の世代のために今の自分がすべきこと…。

いろんな意味が込められているのかな。

doc04565420170821195618-01(津端さんの描くご夫婦のイラスト。)

 

ご夫婦の言葉や、忙しくも丁寧な日々のやり取りなどに何度もウルっとし、何度もふふっと笑い、なんとも温かい気持ちになりました。

 

お金よりも、時間。こつこつ、ゆっくり。

是非、見て頂きたい映画です。

この記事の投稿者: fujimoto

郷の駅プロジェクトその9

川西郷の駅〜いつわの里〜 7/21オープンしました。おめでとうございます。

思えば2016年8月から設計打ち合わせを行い、2017年2月から工事着工、

7月初旬の工事完了まで設計から工事監理という立場で

約1年間私はおつきあいさせていただきました。

その間 当然ながら様々な課題がありましたが、

関係するみなさんとひとつひとつ議論し解決してきた事の積み重ねが、

先日のオープンを無事迎える事ができたことへ繋がったのだと確信致しました。

IMG_1369

オープン前最終準備中の店舗内の様子です。

IMG_1318

産直の野菜や果物などの直売所も、想像していたとおり色鮮やかに商品が並べられていました。

IMG_1321

午前中にはオープンセレモニーも行われました。

IMG_1374

オープン後は大勢のお客さんが集まり大混雑していました。

IMG_1382

これからがスタートかと思います。

地域の拠点、訪れたお客さんとの交流の場として

今後のご活躍を期待し応援して行きたいと思います。

この記事の投稿者: takaya

これぞ職人技!! 左官職人さん編

日々、現場を担当させて頂くと様々な職方さんと出会い、そして職人技を

見させて頂く機会が多くあります。

今回は左官職人さん編をご紹介しようと思います。

現在、進行中の改修工事ですが、玄関の一部を左官工事を行ってます。

ラーバン代表下田のこだわりでもあるのですが、

外壁の一部にアール壁のデザインを行いました。

それを左官屋さんが漆喰塗りで仕上げる作業を行ってます。

 

image2

 

微妙な曲線状な壁ですので、図面は無く、現場で曲線具合いを決めて行きました。

仕上げになると

職人さんは「ホンマしわい仕事じゃの〜」と言いつつも、腕のみせ所なのか、

いつも以上に気合いとチャレンジを楽しんでいるかのように手仕事をされてます。

しかも、今回の壁のアール具合を出すために、既製品の道具ではできないため、職人さん自身が塗り道具を作られました。

職人は「段取りと道具から始まる」と昔に教えて頂いたのを思い出しました。

image4

 

独自の道具でアールを生み出して、

仕上げは金コテで整えてます。美しい曲線ができてます。

 

image1

現場を担当させて頂くと、職人さんの凄さが伝わってきます。

玄関のリフォームを何気ない日常の玄関だけでなく、

ひとつひとつが様々な職方の思いを入れ込んだ手仕事と我々の設計やコンセプ

トがかさなり、形になると他にはないここだけの玄関ができることを実感しました。

お客様やご家族が玄関の完成を喜んで頂ければ幸いです。

 

image3

この記事の投稿者: shinsuke

色の表現方法を学びました

こんにちは、赤井です。

世の学生は夏休み!

長期の休みがあるのって学生の特権ですよね。何十年前が懐かしいです。

小学生の娘も夏休みに入り、毎日児童館へルンルン♪と通っています。

と同時に毎朝、児童館へどの服を着ていくかで大揉めです。

(普段は制服のため、揉める必要ないんです・・)

ランドセル選びの時もそうでしたが、娘がピンクが好きで、

ピンク色の服を買ってくれ~、と毎朝同じ議題で揉めています。

ちなみに私はシック系が好みのため、ピンク買ってないんです。

で、一度プールバックくらいならピンク系を買ってやろう、と選んでみたんですが

「薄いピンクが好きなの~!!!」   あらまっ!

でもこれって、仕事の時でもあることなんです。

あっ! 誤解しないで下さい。

意思疎通ができてなかったことがじゃないですよ!

 

例えば、クロス選び。

ポイントカラーでグリーンを入れたいという時、

“明るいグリーン”と要望を聞くとします。

明るいといっても、人の感覚って様々で

淡い色合いなのか、黄緑に近い意味での明るいなのか。

ここから深掘りヒアリングしますが、色の共有って言葉だけでは難しいですよね。

0001

(↑クロスのグリーン系)

クロスはカタログにカットサンプルが貼ってあるため、共有しやすいので助かりますが、

塗装となると実物の色サンプルはいっぺんには揃えれません。

いつも日本塗料工業会の色見本帳(600色以上)の中からある程度選び

木材などに塗ったものをお見せするのですが、

img01[1]

(↑見本帳)

 

先日、塗装の打合せをしている時に、

「エルメスのハンカチの青が素敵だったのよ」と。

残念ながらエルメス持っていない私はすぐには分かりませんでしたが、

多数ある【青】でも、こんな素敵な表現に感動を覚えました!

社内で交わされる「色の品番は~」はあくまで社内表現。

身近にある物に例えて伝えるって、分かり易いし、何よりも素敵な表現です♪

いつもお客様のちょっとした一言に学ばせて頂いています(^^)

青 建具

↑青のサンプルを作り建具を塗装しました。

奥のステンドグラス入建具とのバランスもGOODでした!

 

 

 

 

 

 

 

この記事の投稿者: akai

Home

Return to page top