ラーバンの3つの特徴

1. 広島県産材を使った建築 – 環境への負担が少ない建築 –

「環境にやさしい」や「エコ」という言葉を よく耳にします。

これからの時代「ライフサイクルエネルギー」を念頭に建築することが設計者として求められて来ています。

私どもは、少しでも可能なことから初めてゆく第一歩として、広島の上流の木を使った建築をする事が大切と考え、1996年頃から太田川森林組合の協力のもと広島県産材の木を使った建築を進めてきました。

これからも地域の環境や住む人の健康や安心のため、適材適所、県産材の木を使う建築を続けてゆきたいと考えています。

※国・県から事業主や施主に助成金が頂ける制度を活用し、可能な限り、地域の木を使う事で環境への負荷の少ない建築を造っています。

広島県東広島市西条 芝屋根の家

2. 自然素材を生かした建築

建築を設計する上で大切な事は、よい空間デザインとそれを造る建築素材(建築材料)だと考えています。

私たちは人が暮らしつつまれる空間には出来るだけ自然素材を提案しています。

かつて、日本建築は、木、石、土、藁、竹、和紙などその地域にある自然の素材使い建築は造られていましたが、時代とともに減少し、時折、郊外の農家の住宅建築に見受けられるぐらいになりました。これら素材を扱う職人も少なくなりコストや流通の都合で使われなくなり何時しか消え去ろうとしています。

しかし、現代はそれに変わる健康で安心な素材も考案され多様されています。

私たちは、可能な限り自然素材を生かした建築を提案し続けたいと考えています。

広島市佐伯区 自然素材の家

3. 芝屋根、屋上緑化、遮熱などのエコな建築

ラーバンの建築設計は、予算やコストに見合う自然素材を提案し長く住み続けれる建築を設計しています。特に芝屋根など屋上やベランダに気軽な予算で可能な芝屋根建築を提案しています。

広島市西区 芝屋根の家