築古・軽量鉄骨住宅が変身!二世帯の全面リフォーム

築古・軽量鉄骨住宅が変身!二世帯の全面リフォーム

親子2世代が同居するために始まった、団地の中の築35年の住宅の全面リフォーム。
リフォーム後実際に生活をされる中での感想を、奥様にお伺いしました。

思い入れのある家に住み続けたい

「同居するにあたって、建て替えようかという話もありましたが、思い入れのあるこの家を手放したくないという父の意見で、リフォームをすることにしました。
築年数が古いこともあって使い勝手も悪く、とにかくキッチンとリビングを明るく使いやすい空間にしたいというのが一番の希望でした。」と話す奥様。
建て替えやリフォームのプランで、10社近くのメーカーや会社にご相談をされたそうです。

なかなか気に入ったプランや予算に合った内容でなく決めかねていたところ、ご主人がインターネットで検索するうちラーバンのホームページをご覧になったそうです。
「ホームページに載っていた施工事例の写真を見て、こういう雰囲気がいいねって主人も気に入り、相談に行くことにしたんです。」

ラーバンに決めた理由を教えてください。

「ラーバンさんに決めた理由は、雰囲気やプランが気に入ったのもありますが、一番最初に計測や調査に来られた時の印象が一番です。
ほかのメーカーさんが調査された時は、家の間取りを見ただけで『大体こんな感じに出来るでしょう』という感じでササッとプランを作成されたんですが、ラーバンさんは、相談してすぐ、スタッフさん数人で部屋の隅々まで計測に来られたんです。
その時はちょうど真夏なのにクーラーが壊れていて、汗を流しながら作業されてすごく申し訳なく思ったんですけど、そのときのスタッフさんや社長さんの姿をみて、主人と2人で感動したんです。ここならちゃんとやってくれそうだねって思いましたね。」

小さな会社に依頼することに不安はありませんでしたか?

「最初からそういう不安はありませんでしたが、打ち合わせが進むにつれて、小さい会社だからこそ、プランや金額に対して自分たちの意見をすぐに取り入れてくれて、すごく応用がきくんだなって実感しましたね。
スタッフさん全員が我が家に関わってくれて、どの人に相談してもすぐに理解して行動してくれる。大手メーカーさんにはない良さかなって思います。」

「とくに、担当の設計士の高谷さんのセンスに主人がすごく共感して。主人は、普段はインテリアにこだわりがあってカーテンなんかも絶対に自分で選ぶんです。それが、『高谷くんがこれが良いっていうから、これにする』って。私たちの好みをすごく的確にとらえてくれて、任せても安心でした。」

家族が自然と集まるリビング

「リフォームが出来上がって、その仕上がりに感動したのはもちろんですが、実際に生活してみると、家事動線も良くって本当に便利。お母さんも、キッチンが使いやすくなってお料理を楽しんでるみたいですね。
子供も部屋が広く綺麗になってうれしいみたいで、毎日走り回ったり おじいちゃんおばあちゃんの部屋へ遊びに行ったり。
そして、自然とリビングに家族みんなが集まって来るんです。リフォームしてほんとによかったなって、大満足ですよ。」

 ラーバンより

築30年を超えているうえ、軽量鉄骨構造で出来ていたため大幅な間取り変更のリフォームは難しいとされていたI様邸ですが、もともとの間取りを活かして親世代と子世代のプライベートを分けたり、リビング階段を設置するなど、二世代で暮らしやすい配慮を施しました。ご家族がリビングに集まってにぎやかに団らんされている姿を想像すると、こちらまで嬉しくなります。

そして今回、インタビューに答えていただき、このような嬉しいお言葉をお聞かせ頂けた事、
スタッフ一同本当に嬉しく感謝しています。どうもありがとうございました。

 

 ■I様邸リフォームの詳細はこちら
 二世代同居バリアフリーリフォーム 広島市佐伯区