サンゴの漆喰、コットン壁材…健康素材にこだわった3階建てパッシブ・デザインハウス

サンゴの漆喰、コットン壁材…健康素材にこだわった3階建てパッシブ・デザインハウス

サンゴの漆喰、コットン壁材…健康素材にこだわった3階建てパッシブ・デザインハウス

カフェのようなインテリアのリビングダイニング、優しい無垢の木のキッチン、LDKの気配を感じながら勉強できるスタディコーナー、ロフトを介してつながるカラフルドアが可愛い子供部屋…たくさんのこだわりがつまった、賃貸併用の木造3階建て住宅。

子育て世代のご家族が、安心して心地よく暮らせる「健康素材の家づくり」をご覧ください。

健康素材にこだわった、無垢の木の3階建て住宅

asahi_13沖縄のきれいな海から採取された風化造珊瑚礁を使った塗り壁材。微細な空孔をもった多孔質物質で臭いや湿気の吸着除去にすぐれた効果があります。また、ホルムアルデヒドなどの化学物質を吸着するはたらきがあるので、お子様からお年寄りまで安心。
シックハウスが気になる方にもおすすめしています。

 

asahi_14通常のビニルクロスなどに行われている薬品処理をしない織物壁紙、「コットン布壁紙」。壁紙の施工には専用の施工用でんぷんのりを使用していますので接着材についても100%ホルムアルデヒドの心配がなく安全です。お部屋を閉め切っても臭いがこもらないため、主に収納内部などにおすすめしています。

 

asahi_15構造にも無垢の木を使い、内装にも無垢の柱や梁、無垢フローリングや杉板を貼った天井などふんだんに木を使用しています。足裏にやさしい無垢フローリングはお子様にも安心なほか、杉板貼りの天井は室内に心地よい木の香りをもたらし調湿効果もあります。

 

寒い地域でも安心!寒さ対策のポイント

とくに、寒さ対策にはしっかり気を使われた今回のお家。
ガスを使った家庭用燃料電池「エネファーム」で電気を作りながら、発電時に出る熱を給湯に利用します。リビングダイニングの床暖房にはこの熱を利用しているので省エネ!
そして、窓の夏対策・冬対策。家中のすべての窓に「遮熱Low-Eペアガラス」を採用。
夏の冷房時に窓・ドアから侵入してくる熱は、家全体に入ってくる熱の半分以上を占めます。室外側ガラスにLow-E金属膜をコーティングした遮熱Low-Eペアガラスなら、夏は室内に入る太陽の熱線を50%以上カット。冬は室内熱を外へ逃がさないため、通常のペアガラスより冷暖房効率を高めます。

侵入熱を防ぎ放出熱を抑える「エコ遮熱」で夏も冬も快適・省エネ!

asahi_20さらに今回のお宅では、厚さ4mmの銀色のシートを屋根などの断熱材の外側に隙間なく貼ることで、断熱材に伝わる前に外気の熱をカットする「エコ遮熱」を採用されました。
サッシもすべて遮熱Low-Eペアガラスを採用しているので、大きな掃き出し窓のあるリビングでも冷暖房費を低減することができます。
これまでエコ遮熱を採用されたお宅では、夏に感じる「ムレ感」もほとんどなく、冬場は室内の温度が逃げにくくエアコンを付ける頻度も減ったとのお声を多数頂いております。