東広島市八本松 草土石木の家

東広島市八本松 草土石木の家

東広島市八本松 草土石木の家

漆喰や小舞壁を使った軒の深い家。薪ストーブ、自然素材をふんだんに使用するなど、造形美と暮らし心地が両立。

設計コンセプト

土間を住まいの中心に据えた家。この土間の一角に薪ストーブを置き、上部に吹抜けを作ることで、家をまるごと暖められるよう、暖気の循環を考慮しました。玄関から続く土間を挟む形で離れ風の和室を作り、リビングダイニングには無垢の杉材やワラ入りの珪藻土壁、大きな大黒柱など、自然素材をふんだんに使用し、健康と環境に優しい住まいを実現しました。

小舞壁を塗る作業などにお施主様も参加され、思い出にも残る建築となりました。