二世代同居バリアフリーリフォーム 広島市佐伯区

二世代同居バリアフリーリフォーム 広島市佐伯区

二世代同居バリアフリーリフォーム 広島市佐伯区

35年ほど前に建てられた、団地の中の某大手ハウスメーカーの戸建て住宅に、親世帯と子世帯で同居するため始まった大規模リフォーム。

階段の位置を変えるなどの間取り変更のほか、設備・デザインを一新・バリアフリーへと改修しています。

リフォーム概要 大まかな間取りはそのままに、階段をリビング階段へ・子供部屋を広めに取り将来区切れるように間仕切りを設ける…など、若夫婦が暮らしやすくなるようアレンジ。キッチン・風呂・トイレ・洗面・内装のリフォームとバリアフリー対策。
築年数 約35年
お施主様の要望 親世帯のために、1Fはバリアフリーにしたい。外観や玄関から続くもともとの和風な雰囲気は残しつつ、明るくナチュラルなイメージのLDKにしたい。2Fの間取りは子供が大きくなった将来の事を考えても使いやすい配置にしたい。
ラーバンの提案 大幅な間取り変更はせず、内装と設備を一新。もともと玄関横にあった階段は、子供が将来大きくなったときの事を考えてリビング階段とするべく、新たに階段を新設しました。

奥様の念願だったオープンキッチンは、対面から見た時に手元が隠れる壁付けタイプのI型キッチンをセレクト。キッチン背面にタイル貼りを施し、オプションの吊り戸棚を設置しないという選択で、リビングから見ても『よりオープンでスタイリッシュ』なキッチンになりました。さらに、アイランド型と比べてコスト的にも抑えられています。

また、一新したインテリアに合うよう、テレビボードや収納キャビネットなどの家具も、オリジナルデザインで製作しました。

もともと玄関横にあった階段の位置を、リビングへ。

お子様が大きくなった時に帰宅時かならずリビングへ顔を出すよう習慣づける間取りです。

リビングの窓に設置した内障子。
お隣に面している窓ですが、プライバシーを守りつつ、明るく光りを取り込めるようデザインしました。

ナチュラルなインテリアとなったLDKですが、和の雰囲気も自然ととけ込み、外観・玄関とのバランスを保っています。

「オープンキッチンにしたいけど、手元が丸見えなのは嫌」という奥様のご要望のため、キッチンには壁付けタイプのI型キッチンをセレクト。
オプションの吊り戸棚を設置しないという選択で、ダイニング側から見ても 手元を隠しつつ、よりオープンでスタイリッシュなキッチンに。
さらに、キッチン背面にタイルを貼り、ニッチを設けてナチュラルな印象になりました。

2Fの9帖子供部屋。2人のお子様のため、将来2部屋に区切れるよう、真ん中に収納式の間仕切りを設置しました。普段は間仕切りは収納されているので、見た目にもスッキリと広く、小さいお子様がのびのび走り回れる空間です。将来2部屋に仕切ったときのために、入り口ドアと収納を、それぞれ2つずつ設けています。

リビングから中庭を介して様子の分かる親世帯の部屋。
もともと『コの字型』だった間取りを活かして、リビングから親世帯の気配が感じられる間取りになっています。
親世帯の寝室には、新たに収納を増設・畳を琉球畳とするなどのリフォームをし、家の中でも一番日当りがよく心地よい和室となっています。